二の腕痩せに抜群の効果あり!加圧トレーニングのススメ

効率良く筋力アップできる加圧トレーニングは、何かと忙しい現代人に適したトレーニング方法です。一般的なトレーニングジムに通うよりも比較的高額なのにもかかわらず、今や安定した人気を誇るトレーニング方法となっています。女性がダイエット効果を期待して通うケースも少なくありません。特に効果が実感できると言われる部位として、二の腕が挙げられます。加圧トレーニングによる二の腕痩せ効果について、詳しく見ていきましょう。

二の腕がスッキリするとどうなる?

年齢とともに、二の腕の太さ、柔らかさやたるみが気になりだしたという方が多いのではないでしょうか。意識せずに生活していると、どうしても締まりのない、たるんだ体になっていきます。それは体全体を通して言えることなのですが、特に二の腕に関しては痩せるのが難しいとよく言われます。日常生活で少し意識してみようと思っても、脚やお腹周りに比べて、そもそも二の腕を気にして動かす機会が少ないのではないでしょうか。

そのうえ、薄着になってくると腕周りは最も隠しづらい部分だと言えます。脚やお腹は服で隠せても、暑い時期にに腕まで隠してしまうのはなかなか難しいかと思います。また実は、二の腕が太いと、どうしても全体的に太った印象になるのが否めません。太ると顔にお肉が付きやすい方、バストが大きめの方にも同様のことが言えます。それらに共通して言えるのが、上半身の部位だということです。

歩き姿、立ち姿を美しく見せたい、といった場合には全体のトータルバランスが大きく影響します。しかし普通、痩せて見られたい相手とはある程度至近距離で接することとなるはずです。何も異性を意識してのことだけではありません。家族、恋人や友人、さらに学校や職場の人間など、自分の生活する中で接する人々から見られる自分、強い印象を与える部分というのは、やはり上半身となってくるはずです。逆に言えば、上半身をスッキリさせると痩せている印象を相手に与えることができるのです。中でも二の腕がスッキリすれば、服をより美しく着ることもできます。これは女性にとってはなかなか大きなメリットではないでしょうか。

加圧トレーニングは二の腕ダイエットに最適!

日常生活において、上半身は体の前側を使う動きが主となります。たとえば荷物を持つ、子供を抱っこする、家事をする際に使うのは「上腕二頭筋」、いわゆる力こぶにあたる部分です。日常生活の中でもそうですが、少しトレーニングをすると比較的すぐに筋肉がつきやすい部分です。見た目にも効果が出やすいため、まずは上腕二頭筋を鍛えてモチベーションアップさせるのもおすすめですよ。少し筋肉がつくだけでも見た目のスッキリ感が手に入るはずです。

一方後ろ側、「上腕三頭筋」に関しては特に意識しないとなかなか普段使うことがありません。そのため脂肪がつきやすく、たるみがちです。男性でも同様ですが、どうしても女性の方がもともと脂肪量が多かったり、脂肪がつきやすかったりする場合が多いので要注意です。揶揄として用いられる、いわゆる「振り袖」タイプの二の腕になりやすいのは女性だということです。

上腕二頭筋を鍛えるだけでも見た目の印象は変わりますが、より引き締まった二の腕を鍛えるには、上腕三頭筋を鍛えるのが要となります。それはただプルプルの二の腕をスッキリさせるといった面だけでなく、物理的な面からも高い効果が期待できるからです。なぜなら、上腕三頭筋の方が上腕二頭筋よりも大きな筋肉のため、そこを鍛えることでより大部分において効果が現れるためです。そして二の腕は、加圧トレーニングを用いて鍛えると、より効率よく鍛えることができます。

そもそも加圧トレーニングには、短時間で大きな筋トレ効果が出るというメリットがあります。さらに、専用ベルトを巻いて加圧・除圧をくり返すため、血液循環が良くなると言われています。加圧トレーニングによって血流やリンパの流れを良くしながらトレーニングを行うと、二の腕にハリが出てより高い引き締め効果が期待できます。さらに加圧トレーニングの特徴として、トレーナーによるマンツーマンレッスンという点が挙げられます。安全にトレーニングを行うため、マンツーマンで進めるのが一般的なのですが、それはつまり専属トレーナーによるメリットも得られるということです。部分痩せを希望すれば柔軟に応じてくれる良さがあるのも、加圧トレーニングならではです。

タイプ別トレーニング法

今回は、二の腕のタイプを2つに分類して、アプローチ方法の違いを解説したいと思います。

まずは、全体的にがっちりしているタイプの二の腕についてです。腕全体が太い印象の場合には、考えられる要因は主に2つです。それは、肩や背中の動きが硬いためにあらゆる動作をほぼ腕で行っている、もしくは慢性的にむくみが生じている場合です。2つとも該当する方もいるかと思います。全体的にがっちりしているタイプの方にとって重要なのは、血行を良くすることです。まずベルトを巻き加圧して血流を良くすること、そして肩や肩甲骨を動かして上半身をほぐしながら体を動かします。さらに、老廃物を流すイメージでマッサージしていきます。除圧した際にも、自分の指でほぐすようにマッサージしておくことをおすすめします。

そしてもう1つ、振り袖タイプのゆるみが気になる二の腕についてです。ポイントとしては、上腕三頭筋を意識することです。「振り袖」状態になっているのは上腕三頭筋のゆるみ、たるみが主な原因です。ベルトを腕に巻き加圧して、自重もしくは1kgまでの重量のダンベルで二の腕を鍛えてます。普段あまり使わない部分だけに辛と感じる方もいるかもしれませんが、加圧トレーニングなら一般的なトレーニング方法よりも短時間で完結するというメリットがあります。

日常生活・食生活も意識して!

よりスッキリとした二の腕を手に入れたいのであれば、日常生活においても二の腕の動きを意識しながら過ごしましょう。自宅でごく簡単なトレーニングをするのもおすすめです。無理する必要はありません。たとえば、500mlのペットボトルを持って二の腕を鍛える、子どもを抱っこする際に二の腕に少し力を入れてみる、バランスボールを両手に持って上下に動かすなど、色々な方法があります。

二の腕の太さは血行も大きく影響していますので、お風呂の中、お風呂上りにマッサージするのも効果があります。リンパの流れを意識して、老廃物を溜めこまないようにしましょう。肩を回したり、腕を上に伸ばしたりと、上半身のストレッチを隙間時間に取り入れてみるのも良いですね。

さらに、食生活について。過度なカロリーコントロールはおすすめしませんが、もし今「肥満」状態ならば食事の摂取量、また特に食事の内容は見直すべきです。またそのような状態でなくとも、ジャンクな食事は避け、老廃物を流すために水分をたくさん摂取することを意識しましょう。外側を美しくするには、内側をきれいにすることです。実際、血流やリンパの流れが良くなれば筋トレ効果も出やすくなると言われています。

まとめ

二の腕が太かったりたるんでいたりすると、全体的にボリューム感のある印象になり、時に老けて見られることもあります。またこのような外見的にデメリットだけではありません。二の腕が太くなる要因というのは、他の健康被害につながることだってあります。たとえば肩こりや腰痛、さらには頭痛の原因にもなり得ます。加圧トレーニングや、日常生活においても意識するだけで、きっと効果が感じられるはずです。加圧トレーニングは部分痩せを希望する方からの指示も高いエクササイズなので、ぜひ1度ジムで相談してみてはいかがでしょうか。