この痛みは大丈夫?加圧トレーニングを始めとする筋トレ後の頭痛の事例を検証!

トレーニングや運動をした後によくある頭痛について簡単にまとめました。だいたいはそんなに長引かずに治るものばかりですが、頻繁にあったり、いつもの痛みと違うような気がしたりすると心配になってしまうものです。そんな心配や不安を取り除くために、筋トレ後の頭痛についての基礎知識を学習してみましょう。ちょっと辛いような痛みでも原因や対処法さえ知っていれば落ち着いて対応することができますよね。

頭痛の原因と事例

加圧トレーニングや筋力トレーニング、各種運動をしていて、原因不明の頭痛になったことはないでしょうか?トレーニング前には特に体調が悪かったわけではないのに、なぜか頭が痛くなると不安になってしまいますよね。そんな時に自分で頭痛の原因を探れるように、考えられる要因をいくつか説明していきます。もし何の頭痛かわからずに不安になったら読んでみてください。もちろん、原因となることはこれだけではありませんが、特に多く見られるものをピックアップしました。

まずは、脳血管の拡張による頭痛です。活発にトレーニングや運動をすることにより心拍数や血流量が増加してしまいます。その結果、脳血管が拡張し、神経を刺激しますので頭痛へと繋がるのです。特に激しいトレーニングや運動、体が冷えた状態でのトレーニングや運動時に症状が出やすいと言われています。

急激な血圧の上昇も原因の一つではないでしょうか。脳血管の拡張の時と同様で、激しく強度の高いトレーニングや運動をして血圧が高くなってしまい、症状が出たという事例も少なくありません。動作中に息を止めるような運動の後には血圧が高くなりやすいそうなので注意が必要です。

暑い時期に最も多い原因は、水分不足です。これは経験された方も少なくないと思いますが、体内の水分量が減少してしまうと血液循環が悪くなり、脳に血液が行きにくくなり頭が痛くなります。トレーニングや運動をする時にはけっこう起きやすい症状だと思います。また、きつめに動くと酸欠状態になり、それが原因の場合もあります。

運動後の頭痛はだいたい「労作性頭痛」と呼ばれるもので、激しいトレーニングや運動をしている時、もしくはした後に起こるズキズキするような拍動性の頭痛となります。両側性にあらわれることが多く、体を動かしていない時にはほとんど現れません。上にいくつかの原因と思われるものをご紹介しました、実はまだはっきりとした原因は解明されていないのが実情です。あくまで可能性が高いという考え方だということを覚えておきましょう。

それぞれの対処方法

頭痛には血管拡張型と収縮型の二種類があります。筋力トレーニングや加圧トレーニングの後に発生する頭痛は、多くの場合が血管拡張型です。この二種類の頭痛は、症状も違いますし、対処方法も違います。どちらのタイプなのかの判断ができたら、それによって適切な対処をしていきましょう。

まずは、多いとされている血管拡張型ですが、主な症状はズキズキとした痛みで、吐き気がするケースもあります。生あくびが出て、光や匂いなどに敏感になりがちです。体を動かしてしまうとひどくなる可能性が高いと思います。文章などが見えづらくなったりもするそうです。対処法は、動くとひどくなってしまうことが多いので、まずは安静にすることです。できれば暗くて静かな場所で休みましょう。首筋を保冷剤などで冷やすのも有効です。それでも症状が良くならない場合は鎮痛剤を服用してみてください。ただし、鎮痛剤は多用してしまうと悪循環をおこしてしまう事例も耳にしますので、気を付けましょう。

一方、血管収縮型は、首筋などに重いようなだるいような痛みが出るのが特徴です。目の疲れや肩こりなどを要因とし、血管が収縮することで起こります。マッサージなどで症状が改善する傾向にあるようです。温浴も効果的かもしれません。良い対処方法は、体をマッサージしたり動かしたりしてほぐしてみてください。冷えないようにすることも大切なので、首筋や手首、足首を温めると良いかもしれませんね。

トレーニングの後に頭が痛くなってしまった時は、まずは安静にしてみてください。休んですぐに治ることもあれば長時間続く時もあります。すぐに治れば問題ありませんが、そんなに痛みは強くなかったとしても長時間我慢するのは辛いと思います。そんな時は鎮痛剤を利用してみたりなどの対処をしましょう。とレーニン後の頭痛はそんなに珍しいことではありませんので、深刻に考えることはないとは思いますが、我慢できないほどの強い痛みや体調不良が伴う場合は病院を受診することをおすすめします。

もしかしたら危ない病気かも?

先ほども上で申し上げた通り、トレーニング後の頭痛はほとんどの場合それ程深刻なものではありません。休んだり、体をほぐしたり、頭痛のタイプに合わせて適切な対処をすれば、改善もしくは治ります。ただこのような対処をしてもなかなか治らなかったり、いつもとは違う強い痛みだったり、いつもとは違う手の痺れや強い吐き気などが伴っていた場合は注意が必要です。

頻繁に頭が痛くなる方は、いつもの頭痛と違うとすぐにわかると思いますので、違和感を感じたら病院で診てもらってください。もしかしたら重篤な病気の可能性があるかもしれません。頭が強烈に痛くなる病気の代表的な例として脳梗塞があります。もし脳梗塞だった場合は早期発見、早期治療がとても重要なこととなりますので、おかしいと感じたらすぐに病院に行くか、救急車を呼ぶようにしましょう。

脳梗塞は脳の血管が詰まってしまう病気です。血行を良くする加圧トレーニングをしていて血管が詰まると言う事はほとんどありませんが、油断は禁物です。脳梗塞とまではいかなくても、何かの病気かもしれませんので、明らかにいつもと違ったり、我慢できない程の痛みや不快感などがある時は早急に医療機関で検査することをおすすめします。 

ちなみに、頭が痛くなることから考えられる危険な病気の例としましては、脳梗塞、くも膜下出血、脳動脈瘤解離、脳血管攣宿、脳腫瘍などがあります。もちろん、トレーニングや運動後のちょっとした頭痛ではこのような危険な病気の可能性は非常に低いです。なので、相当症状がひどい場合以外は過剰に心配する必要はありませんが、危険な病気の可能性もあるということを頭に入れておくといざという時に正しい対処ができると思いますので、なんとなくでも良いので把握しておいてくださいね。知識を持っておいて損はありませんので、自分の体を大切にするという意味でも学習しておくと良いと思います。

まとめ

頭痛に限らず、トレーニングや運動をした後に起こりやすい体調不調の原因や対処法を知っておけば、自分の時だけではなく、他の誰かが不調を訴えた時にも助けてあげられるかもしれません。もちろん、危険な状態の可能性もなくはありませんので、応急処置なども覚えられればより良いですよね。

もし、トレーニング前に体調に違和感があったらその日は潔くお休みして、体を休ませるための時間に使ってください。健康が第一だということ忘れずに、楽しくトレーニングをしていきましょう。