加圧トレーニングとヨガを併用してお尻をくまなく引き締める!

加圧トレーニングという画期的なトレーニング効果をさらに高めるためにぜひおすすめなのが、下半身をくまなく鍛えることのできるヨガやヨガにも共通するところのある体操と組み合わせるトレーニング方法。体幹はもちろん、お尻や下半身を引き締めるための動きが多いヨガを併用することで、しなやかで強い筋肉をもった理想的なヒップラインを目指すことができます。お尻を引き締めるのにおすすめのストレッチ方法と合わせてご紹介していきます。

ヨガは女性向けと勘違いしていませんか?

「ヨガ」と聞いただけで、無意識に、「女性のためのトレーニング方法」と考えてしまう方も多いのではないでしょうか?女性専用をうたったヨガスタジオなどの全国展開などもあってか、日本ではどうしても女性向けと認識されてしまいがちなヨガ。しかし、実は、ヨガは、加圧トレーニングと同じく、年齢も性別も関係なく、すべての人におすすめのトレーニング方法のひとつでもあるんです。

その理由は、ヨガが体幹や下半身の深層部にあるインナーマッスルをまんべんなく鍛えることができる優秀なトレーニング方法であるという点、心身の健康の基本とも言える呼吸方法を意識した、老若男女問わずに長く続けていくことのできるトレーニング方法だという点です。また、ヨガに慣れてくると、ヨガでは当たり前とも言える深く長い呼吸をゆっくりと続けるという呼吸法が自然と身につきます。これは、加圧トレーニングや日常生活を送る上でも、非常にメリットの大きいものです。呼吸でしっかりと酸素を体に送り込んであげることで、着実に、太りにくく痩せやすい体の基礎をつくっていくことができるようになります。ぜひ、まだヨガを経験したことのない方は、一度挑戦してみてはいかがでしょうか?

加圧トレーニングにヨガをプラスするべき理由

よく、下半身やお尻を引き締めるには、インナーマッスルを鍛えることが大切と言われますが、インナーマッスルを鍛えるだけでは、本当に体を引き締めることにはつながりません。お尻や下半身の引き締めに必要なのは、あくまでも、アウターマッスルとインナーマッスルをバランスよく鍛えることが大切になります。

実は、加圧トレーニングが、アウターマッスルとインナーマッスルの両方を鍛えることができる画期的なトレーニング方法だということをご存知でしたか?通常、ウエイトトレーニングやトレーニングマシーンを使った筋力トレーニングでは、重い負荷がかかるため、体の表層部にあるアウターマッスルを主に鍛えることができます。しかし、加圧トレーニングでは、特殊なトレーニングメソッドにより脳が錯覚を起こすことから、軽い負荷でおこなうトレーニングと重い負荷でおこなうトレーニング両方の効果を得ることができるんです。そして、加圧トレーニングにさらにインナーマッスル強化を図ることができるヨガを組み合わせることで、しなやかかつ強靭な芯を持つお尻の筋肉をつくることが可能になります。

とくにおすすめなのは、ボリュームがあるたくましい筋肉を目指したいという背景が影響してか、お尻まわりの筋力アップを狙う際にも、負荷の重いウエイトトレーニングなどの通常の筋力トレーニングに重点を置きがちな傾向にある男性です。どうしてもウエイトトレーニングだけでは、インナーマッスルを鍛えることが難しくなってしまい、そのせいで、アウターマッスルが持つせっかくの力を十分に引き出すことができなくなってしまうという状況にも陥ってしまいかねません。

また、インナーマッスルは、陰ながら、体の姿勢の安定や関節などの動きをサポートする役目も持っているため、関節のしなやかな動きをサポートし、不意なケガや故障のリスクなどからも私たちの体を守ってくれるという大切な働きをしてくれます。年齢とともに衰えやすい体を支えるエイジングケアという観点からも、非常にメリットの多いトレーニング方法だということが、おわかりいただけるのではないかと思います。とりわけ、フットサル、野球、テニスなどの球技をする方の場合は、インナーマッスルを強化することで、より滑らかかつ効率よく体を使いこなすことができるようになることを実感できるはずです。

また、体が硬くてとてもじゃないけどヨガなんてできそうにないという方は、トレーニングチューブを使ってのインナーマッスルの強化もおすすめです。チューブを使ったトレーニングの場合は、横に寝転がりながらできるトレーニングなども多くありますので、加圧トレーニングと上手に組み合わせて、インナーマッスル強化に取り組んでみるのもよいかもしれません。

お尻を引き締める効果のある簡単ストレッチ&体操

私たち現代人の生活スタイルや慢性的な運動不足による筋力の低下は、臀部をこり固まらせてしまう原因となっています。そのため、効果的にお尻を引き締めるためには、加圧トレーニングでアウターマッスルとインナーマッスルの筋力アップに取り組むだけではなく、トレーニング前後のストレッチや体操で、しっかりとお尻まわりの筋肉や股関節まわりの筋肉のメンテナンスをしてあげることが非常に大切になります。短期間で効果を出すには、臀部の広範囲を占める大殿筋のストレッチ、足の付け根から脇腹にかけてを柔軟に動かす体操、階段の昇り降りなどの大殿筋に効く有酸素運動などが効果的になります。

お尻をすっきりと引き締めるためにおすすめのストレッチは、仰向けに寝てから、片足のひざを抱えてから大殿筋のストレッチをした後に、抱えたひざを横に倒し腰や脇腹のラインをストレッチする「仰向けのねじりのポーズ」、同じく仰向けに寝てから、両ひざを90度に曲げお尻を浮かせる「橋のポーズ」、足を前後に開き、股関節のストレッチをする「鳩のポーズ」などがあげられます。また、四つん這いになり、右手と左足、左手と右足と交互に伸ばす「猫のバランスポーズ」を応用する体操や、仁王立ち姿勢で両手を左右の肩の高さに広げ、そこからゆっくりと両手の幅を変えずに横方向に脇腹をストレッチする「三角のポーズ」を使う体操もおすすめです。ヒップアップ効果はもちろん、股関節の柔軟性アップ、体幹の筋肉の強化、疲れやすい下半身の改善などのいろいろな効果が期待できますので、ぜひ加圧トレーニングをおこなわない日などに時間を見つけて、少しずつ試していっていただければと思います。

まとめ

お尻や下半身のラインに自信がつくと、ファッションがもっと楽しめるようになりますし、自然とアクティブに活動をすることにもつながります。実は、日本発祥のトレーニング方法でもある加圧トレーニングとインドに起源を持つヨガ。アウターマッスルとインナーマッスルを効率よく同時に引き締めることができる加圧トレーニング。一方で、ゆっくりした動作で行うヨガではインナーマッスルを中心に鍛えていくことができます。ボディメイクにおいては、2つの性質が異なる筋肉をバランスよく鍛えていくことができるのは、まさに理想の形とも言えます。2つの東洋の叡智を生かして、今度こそ、自慢できるお尻を目指していきましょう。