自己流ダイエットの問題を加圧トレーニングが解消?

スリムでメリハリのあるボディは羨ましいもの。自分もそんな理想的な体型を目指したい、また、健康診断で心配をしなくても良い体づくりをしたい。そんなときダイエットを決意されることが多いことでしょう。しかし自己流で行う方法では、何の知識もないとうまくいかないものです。また自己流ダイエットの場合は、結果を生み出すためいろいろと計画を練らなければならないことも多いもの。しかもそれだけ努力したのに効果が出ないこともあります。でも、そんなとき加圧トレーニングを組み合わせると比較的効果が出やすいと言われています。どうして加圧トレーニングにはそんな力があるのか、その秘密を調査しました。

自己流ダイエットは失敗しやすい?

加圧トレーニングとの関係性の前に、そもそもどうして自己流で行うダイエットはうまくいかない場合が多いのか、何がダメなのかということを検証してみましょう。多くの方が様々なダイエット法を実践されていることでしょう。専門のトレーナーや医師、栄養士など、知識を持った方に監修され、痩せるための努力を続けているという場合は、その専門の知識を持った方にアドバイスを受けたり、叱咤激励を受けることができます。

でも、そうではない場合、むしろそういった方法を取り入れている方のほうが多いでしょうが、どうでしょう。成功するでしょうか?こうした専門の方によるアドバイスを得ず、自分の知識や計画でダイエットを行うものを自己流ダイエットと総称します。こうした方法は自分に鞭を打ち、自分を冷静に客観視し、結果を生み出さなければなりません。ここが結果を生みづらい理由でもあるのです。

というのも、残念なことに私たちは自分に甘いところがあります。例えば痩せようと決意しても、日々残業が続けば「ここ最近疲れているから、特別ご褒美だし」と言い訳をしてケーキを食べてしまったことはないでしょうか。「痩せようと頑張るのは明日から」といって今日だけ特別と好きなものを食べたりしたことはないでしょうか。これらはすべて自分への甘さから来ています。本当に痩せたいのなら、本当は思ったその時から努力し始めなければならないのです。

これは食事の面だけでなくトレーニングに関しても同じことが言えます。「今日はだるいから明日から頑張ろう」と思ってしまったり、「週末にまとめて頑張ればいいんだ」と自分に甘くなってしまっては成果には結びつかないのです。自己流が難しいと言われる最大の理由がこの甘さにあるといっても過言ではありません。

経験者に聞く!問題点を検証

では自己流で努力した人全員が失敗したのかと言えば、そうでもありません。自分で計画し努力し、痩せた人も多くいます。そうした経験者はどんな努力をしたのでしょう。インターネットでダイエットと検索すると、様々な記事を見ることが出来ます。そのなかでも、実際に痩せた人の声を対象に調査し、どんな努力をしていたのか調べてみました。

1年間で10キロものダイエットに成功した男性のブログからです。「食事制限は自分でカロリー計算が難しい」ということで、この方の場合は、市販されている本を参考に、そのメニューをそのまま取り入れて食べるようにしたということです。さらに、「通勤時間の徒歩の時間を増やすため、普段だったら高くて購入を諦める金額のスニーカーを購入」し、徒歩通勤時間を増やしたという努力を加えていました。さらにスポーツジムに通い、加圧トレーニングを週3回続けたということです。この3つを1年間継続し、どの位痩せるかと続けてみたところ10キロものダイエットに成功したということでした。この男性は自分が怠け癖を持っていることを自覚していました。さらに「自分はケチなので高いスニーカーを見るたび元を取らなければという思いを持った」ということで、この自分の性格をうまく利用したことで、運動癖をつけることができたということです。ダイエットの問題点でもある、運動を続けるということに関しては、このように自分なりに性格を逆手に取ることも良いことのようです。

また40代女性ですが、この方は最初がうまくいかず、しかしその後の方針転換が成功につながったという例です。ヒップから太もものセルライトが気になり、鍛えながら痩せたいと思って食事制限プラスランニングを続けたそうです。ところが、全然痩せないどころか、ランニングから帰ってくると、何かとつまんでしまい逆にお腹周りに脂肪がついてしまったそうです。この方は、結果的にスポーツジムに通うことにしました。そのジムで加圧トレーニングと、スタッフによる生活アドバイスを受け、そのアドバイスを参考に、再度自己流で取り組んでみたということです。専門家のアドバイスは取り入れているものの、計画し実行するなど自己流で組み立てなおしたということです。その結果、半年ほどで3キロ減とセルライトの軽減という結果を得たようです。自分で計画した方法よりも、専門の知識を持ったジムスタッフから受けるアドバイスがある方が不安がないこと、またジムには他の利用者さんもいるため、自己流で続けたとしても気持ちの張り合いが生まれ、やる気を持続することが出来たということでした。なにより、この女性は加圧トレーニングに高い効果を実感していました。中年期に差し掛かり、体力の低下を実感していたところだったため、負担が少ないのに効果が出やすい加圧トレーニングは、無理がかからず挑みやすかったというのです。

加圧トレーニングは自己流では無理?

自己流と言っても、もちろん続けるうえで専門家のアドバイスを受ける方もいます。その方法は様々なのです。あとは持続をどう自分なりに組み立て、成功に導くかということです。ただ、ひとつ加圧トレーニングを組み合わせるという場合には注意点があります。

加圧によるトレーニングは、専門の知識を持った人でなければ、その圧力の面で身体に必要以上の負荷をかけてしまう恐れがあります。ですから、慣れていない場合一人で行うというのはとても危険です。よくセルフで行える加圧式トレーニング用器具やベルトが販売されていることがあります。販売されているのだからだれでも使えるように感じられるかもしれません。でも、ご紹介したように加圧にはある程度の知識が必要です。トレーニング前に現時点での血圧を測定し、その状態に見合った圧力をかけなければ、身体にかかる負荷が危険になってしまいます。また高血圧や循環器系の持病を持っているという方の場合、血流の乱れによって思わぬ事故を引き起こす恐れもあります。

更に圧力をかける場合、身体にどのくらいの時間かけるのが安全なのかという問題点もあります。一般的には二の腕に圧力をかける時間と太ももにかける時間は違います。このように、どの部位に圧力をかけるのかということに対する問題点もあるのです。これらは知識や経験がなければわかりえないことでしょう。

ですから加圧によるトレーニングを取り入れるのであれば、まずは専門のインストラクターさんについてもらい、慣れるまでは指導を受けて取り組むことをオススメします。ダイエットするにしてもこうした配慮は大前提であるということを理解しましょう。

まとめ

どんな方法でも、やみくもに取り組んでも良い結果はでません。それは自己流ダイエットや加圧トレーニングに関しても同じことです。欲しい結果があるのなら、必要な知識や情報をしっかり理解し、自分の現状に合わせてゆくことです。そうして慣れていくことで、痩せやすい身体や理想の体型に導くことも近道になる場合もあるのです。