加圧トレーニングを食後にすればダイエット効果がある?

静脈に圧力をかけて、血液量を制限し、通常で行うトレーニングよりもさらに短期間で効果を生むことが出来る加圧トレーニングですが、食後に行うと良いと言われています。でも、どうして食後が良いのでしょう。そして食事と加圧トレーニングとの関係とはどういったものなのでしょう。ダイエットを効果的に進められるトレーニング方法について調べてみました。これからダイエットを始めようと思っている方、ぜひご覧ください。

食事とトレーニングのタイミングはダイエットに重要

ダイエットの基本ですが、トレーニングを行う際に大切なことは、食べた後どのくらいの時間を空けてトレーニングするべきかということです。例えば食べたものは体内で消化され、養分が身体を行き渡ります。この養分がエネルギーとなるため、食事の後は体が熱くなるという方もおられるでしょう。と、ご紹介しますと「温かくなっているのならすぐ運動したほうがいいの?」と想像される方もいることでしょう。じつは、筋肉量を増やし身体を大きくしたいのなら、食後30分くらい経過してからトレーニングするのがオススメなのです。加圧トレーニングなども、トレーニングの30分前にタンパク質を摂った方が筋肉が増えやすいと指導しているほどです。しかし、これはダイエットには適しているとは言えません。筋トレをして体の筋肉量を増やすという面では同じように見えるかもしれませんが、筋トレで身体を大きくするのとダイエットで身体を絞る目的という意味では、トレーニングの方法は違うのです。ですから食後すぐにトレーニングした場合、身体の筋肉に栄養を与えることが出来るため、筋肉を太くすることはできますが、思うほどの脂肪減少効果を実感することはできません。

ダイエットに最適なのは、食後ある程度、時間が経過してからのトレーニングです。食事を摂ってから3時間程度経過すると、身体はある程度飢餓状態に至ります。その状態でトレーニングすることで、身体はエネルギーを欲するため、蓄えられて脂肪をエネルギーに変換します。これによって体内に蓄積された脂肪が減少してゆくのです。もともと脂肪は、こうしてエネルギーにするために摂取したカロリーが蓄積することによって誕生したものです。ですから脂肪以外にエネルギーにできるものがないという環境に至れば、身体は自然と脂肪をエネルギーに変換してくれるということなのです。

食後のトレーニングはどうなる?

食事をした後、すぐに運動したら筋肉になると聞くと「太い筋肉はいらないから、食後は寝て過ごそう」なんて考えを抱く方もいるかもしれません。でも、食べてすぐ寝ると、これも良くないのです。横になってしまうと、身体の保温状態が低下してしまう上、内臓も横向きになってしまいます。臓器への負担率も上がります。そのうえ摂ったカロリーを消費する機会も失ってしまいます。ある程度、食事で摂ったカロリーをエネルギーにするという習慣は大切なのです。

食事をした後、身体は動きやすい状態を保とうと、まず食べたものを分解し、エネルギーに変換し、必要ないものを排泄物にと分ける作業が開始されます。この作業にもエネルギーが必要です。身体がこうした作業を行う際に重要なのが基礎代謝です。よく加圧トレーニングを行うことで基礎代謝が向上するといいますが、この体内での分解作業を効率よく、身体に負担をかけずに行うためにはこの基礎代謝が高いことが望ましいとされています。加圧トレーニングの効果はこうした、見えない部分にも重要であるともいえます。ただ、いずれにしても食事をした後は、このように身体は自分の意思と無関係な場所でも活動しているのです。そして、そこにもエネルギーは必要です。食事の後は、基本的にはこうした活動を最優先にしてあげるべきです。とはいえ、寝てしまうということまではやりすぎです。ですから、程よく身体を動かすことが大切です。さらに身体を動かし、熱を生じることで保温状態を保つことができ、体内の内臓も効率よく活動できます。

ですからダイエットのためには食後には、身体の温度を下げないよう、かつ内臓の動きを阻害しないよう、配慮した動きが大切です。軽いストレッチといったトレーニングのほか、家事やウォーキングなどの軽運動も効果的です。

加圧トレーニングを行うのに最適なタイミングとは?

加圧トレーニングを行うのに、ではどんなタイミングが一番良いのでしょう。ご紹介していますように、その栄養をどう使うのか、というところがこの時間的なタイミングを左右するのです。例えば、ダイエットもしたいけれど筋肉を大きく格好良い体型を目指しているというのでしたら、時間を区切って、こまめなトレーニングが必要ですし、身体が飢餓状態に至ってからもトレーニングすべきです。逆に、筋肉を増量したいというよりも、まずは痩せたいというのなら、食事の後3時間以上経過してからがおすすめです。

ただし注意するべきは食後すぐです。食べた後すぐは、身体が食べ物を消化するという作業を行っています。このときにハードなトレーニングをしてしまうと、身体に大きな負荷がかかってしまう可能性があります。消化という作業に集中もできません。また、胃の内容物を刺激してしまい、逆流などによって食道にも刺激を与えてしまう恐れもあります。食事をした後は、あまり大きな運動をせずにか身体に負担をかけないことです。

ダイエットにオススメのメニューは、食べて30分程度過ぎてからウォーキングから開始し、ランなどの有酸素運動に切り替えるという方法です。この方法ですと必要以上に筋肉を増やす心配もありません。さらに食べたもののエネルギーも有酸素運動によって消費可能です。更にもう一つ言えば、有酸素運動によって血液が効果的に身体の隅々に運ばれることになります。これがトレーニングを行う身体にとても効果的です。養分が身体の隅々まで送られることで、体内の細胞は活性化し活動しやすくなるのです。そして、1時間程度有酸素運動を行ったら、一度休息をとりましょう。身体は緊張と弛緩を繰り返すことで柔軟な筋肉を形成します。さらに食事をしてから3時間程度経過したら今度は加圧トレーニングを加えてみましょう。加圧トレーニングは、血流の流れを抑制し、成長ホルモンの促進に効果的で、新陳代謝の活性化にもつながるトレーニングです。そして加圧トレーニングの後、その効果をさらに向上させるため、軽い有酸素運動を組み合わせましょう。加圧の効果をより高めるにも有酸素運動をコンスタントに加えると、血流促進することもできます。

まとめ

食事はトレーニングにとても重要なものです。食べずに痩せようと思う方もいるでしょうが、しかしこれは健康的ではありません。それよりも、食べたものを効率よく分解できる健康な身体に導くことこそ、大切なのです。

そう舌体質を手に入れるためには、加圧トレーニングや有酸素運動を行うタイミングが大切です。食べた後の時間の使い方がダイエットの成功を左右するといっても過言ではないのです。ダイエットするなら、よく食べ、よく動くことが大切です。こうしてトレーニングをつめば、多少食べ過ぎても太らない体を手に入れることもできます。