産後太りのお尻も加圧トレーニングでスッキリ

子どもを妊娠しているときは、子どもへの栄養のため多くの養分を溜め込んでいます。ところが、出産後その養分も一緒に出てくれればいいのに、母親の身体を離れてくれず、脂肪として蓄積されてしまいます。とくにお尻周りは蓄積した脂肪で見る影もないなんてことも。実はこうした産後太りの改善に加圧トレーニングが大変効果的なのです。何故加圧によるトレーニングが産後太りのお尻周りに効くのか、そこには女性ならではの理由がありました。

 

出産後はどうしてお尻が大きくなる?

そもそも、どうして出産後にお尻が大きくなるのでしょう。妊娠する前から、そんなに臀部周りが大きくなかったという方でも、出産を経験した後、腰の周辺が人生初のサイズまで太ってしまう、なんてことがあります。これは腰の周りに付いた脂肪という以前に、その骨格が関係しているのです。出産の際、産道を赤ちゃんが通りやすくするため、女性は自然と骨盤が開きます。
そして、出産の後、その骨盤は開いたままの状態になっています。ここが問題となるのです。

骨盤が開いた状態では、骨盤周りの筋肉が正常に働けず、脂肪の燃焼率が下がります。女性の身体は冷えを大敵とする習性があるため、冷えを感じる部位に脂肪が集まりやすくなるのです。つまり骨盤が開いて、筋肉の動きが悪く冷えやすくなったところに、脂肪が集まり蓄積していく、これが産後のお尻周りが太くなる理由なのです。

ですから、例えば加圧トレーニングなどを含めた筋トレを行うことで、脂肪を燃焼させる筋肉をつけることはできるのですが、根本的に骨盤の開きを改善しないと、筋肉も持てるスキルを存分に発揮できず、思ったほど尻や腰周りの太さを改善できないという事態にも至ってしまうという訳です。

 

お尻の引き締めに加圧トレーニングは最適

加圧トレーニングとは、身体の血液の流れを圧力によって抑制し、身体に負荷をかけた状態でトレーニングすることで、通常のトレーニングよりも短期間で効果的に筋力を上げるというトレーニング方法です。このトレーニングは、全身に働きかけるという効能があるのですが、その働きかけによって脳内のアドレナリンや成長ホルモンが促進されます。

通常のトレーニングよりも成長ホルモンが促進されるということは、疲労回復効果が高いほか、筋肉の質が良くなり、女性ホルモンの影響によって丸みを帯びた筋肉をつけることができるという効果も期待できます。とくにお尻の筋肉は、硬くて四角い筋肉ではなく、しなやかで丸みを帯びた柔軟性の高い筋肉が求められます。

つまり、加圧トレーニングによって促進されるホルモンが、お尻の筋トレに大変良い効果を与えることができるのです。こうした理由だけでなく、加圧によるトレーニングは、短期的に能力の高い筋肉をつけることが可能なため、上半身と下半身をつなぐ良質なお尻の筋肉を育てることもできるという訳です。だから、お尻のトレーニングに加圧トレーニングは最適であると言えるのです。

 

どのくらいでサイズダウンするか検証

では、実際にどのくらいの期間やトレーニングで効果がでるのか、またサイズダウンができるのかということについてご紹介します。通常、女性の身体は男性の身体に比べて筋肉が付きづらいと言われています。それは男性ホルモンが筋肉をつけるのに効果を発するホルモンであるから、男性と女性を比べると、男性の方が付きやすいという意味です。

とはいえ、通常のトレーニングを行った場合、これまで運動やトレーニング経験がない女性の場合、筋肉をつけるとしたら3か月以上はかかります。とくに腹部やお尻など脂肪の多い部位になると、筋肉は更に付きづらいため、それよりもっと日数がかかる可能性もあります。ところが、加圧トレーニングを経験した女性の多くが1~2か月程度で、パンツのサイズダウンを実感しているのです。

もちろん年齢や体格差があり、全て一概に言えるものではありません。それでも3か月目には確証に変わるという場合が多く、加圧を取り入れることが産後のお尻太りを改善させるのにどれだけ効果的なのか、実感している人が多い現状にあるのです。

 

まとめ

女性にとっては、出産後でもきれいなスタイルをキープするということは大切なことです。年齢を重ねてもいつまでも、キュッと上がったヒップを保ちたいところですが、産後のお尻太りはその夢に立ちはだかる壁となっています。まずは、骨盤の開きを矯正すること、そして骨盤が再び開いたままにならないよう、加圧トレーニングによって良い筋肉を身につけることです。美しいヒップになる筋肉を身につければ、自然と脂肪も燃焼して、いつまでも素敵なスタイルを保つこともできるでしょう。