引き締まった足は加圧トレーニングで手に入る!

足の綺麗な人は、人の目を引き、多くの人に憧れられます。欧米人の骨格を身につけていれば、長くて素敵なスタイルを手に入れることはできるでしょう。でも、本当は長さよりも、その筋肉の方がキレイなスタイルを手にすることができるということをご存知でしょうか。足の筋肉は鍛える程に美しいスタイルを整えることが可能なのです。その筋肉は加圧トレーニングによって得ることができます。そんな素敵な足になれるトレーニング方法をご紹介します。

 

すらりとした足の天敵むくみをとるには?

足のスタイルを保つことにとって、一番の天敵はむくみです。このむくみは、心臓から一番遠いところにある血管だからこそ、起こってしまうという問題点があります。筋肉量もこのむくみに関係しており、血液を心臓に送るポンプとして、ふくらはぎの筋肉は存在しているのですが、筋肉が少ないということは、すなわち、むくみを起こしやすいということでもあります。

そしてふくらはぎだけでなく、その上にある太ももの筋力も重要です。太ももには、身体の中でも太い筋肉がついているのですが、この太ももの筋肉が活動し燃焼してくれると、下半身が温まり冷えを防止してくれるため、血流をスムーズに流すことができるのです。

しかし太ももの筋力が低いと、冷えを防止できず、これによってむくみをさらに悪化させるという事態にも至ってしまいます。つまり、加圧トレーニングなどによって、ふくらはぎや太ももの筋肉量をあげることは、むくみの防止にもつながり、すらりとした足になるために大変重要だということなのです。

 

足に最適な加圧トレーニング方法は?

そんな天敵のむくみを防止するため、筋肉をつけることが大変重要です。こうした筋肉をつけられる、最適な加圧トレーニングをご紹介しましょう。まずは、膝や足首、太ももの付け根などの関節部分にも影響させられるトレーニングが良いでしょう。関節は、血液の流れをスムーズにするのに大変重要な部位です。太ももやふくらはぎだけでなく、しっかり関節も動かすトレーニングが最適です。

初心者にも取り入れやすいトレーニングとしては、スクワットが一般的です。これと加圧トレーニングを組み合わせて始めてみましょう。まず腰幅に足を開いて立ちます。この際、腰が正しく乗っている姿勢を心掛けて下さい。次に、膝をゆっくりと折っていきますが、お尻を後ろに付き出すように、膝を自分のつま先より前に出さないように、胸を下げず、ゆっくりと呼吸に合わせてダウンしてください。

この時大切なのは関節をしっかりと折ることで、折ったり伸ばしたりという屈伸運動が、大変重要です。この動きに慣れてきたら、ダンベルなどの負荷を増やしたり、屈伸後に跳躍したりなど、難易度を上げていくと、より効果の高いトレーニングを行うことができます。

 

効果を実感するまでどの位かかる?

これらのトレーニングによって実際に効果を実感している方は多いものです。とくに、比較的筋肉の付きやすいと言われる男性に、美脚を手に入れたという声が多く上がっています。こうした方は、敢えて足をメインに鍛えているという場合ではないため、気付いたら腹部より先に筋肉が付いて、美脚になっていたなんて嬉しい結果を得ているようです。

平均的に、男性の場合は加圧トレーニングをはじめて1ヶ月程度で筋肉が付いてきたことを実感しているという場合が多いようです。一方女性の場合ですが、女性は実感するまでにもう少し時間を要するという場合が多いようです。多いのは冷えを解消してから、少しずつ美脚になってきたという声です。

また、O脚やX脚など、足の関節の癖を治してから筋肉が付いたのを感じ始めたという場合もありました。女性は元々筋肉が付きづらいことに加え、冷えや股関節などに癖が出やすいため、こうした部分を矯正してからトレーニングを開始した方が、より効果を実感できるようです。

 

まとめ

誰でも美脚と言われるのは嬉しいものです。とくに下半身の筋肉は、美しさだけでなく、その後の健康寿命にも大きく影響する大切な筋肉です。加圧トレーニングは、内側から働きかけることで、疲労回復を図ったり、代謝を上げながら筋肉量を向上させるトレーニング法です。美しい足だけでなく毎日を楽しめる健康も手に出来るトレーニング法という訳です。健康と美しさのため、加圧トレーニングを取り入れてみてはいかがでしょう。