ダイエットでスリムボディ!加圧トレーニングと有酸素運動を取り入れよう!

思わず見惚れてしまうスリムな人に共通しているのは、程よい筋力としなやかなボディラインです。芸能人の多くがダイエットで痩せたと報告するのに体重を公開していますが、体重が軽いから痩せているというのは必ずしも当てはまらないようです。ダイエットには脂肪を燃焼させるための筋肉が必要なのです。ボディビルダーのような筋肉は不要ですが、ある程度の筋力が運動不足の人にはありません。筋力不足のために、代謝も悪循環。そこで筋力と代謝の両方を上げられる加圧トレーニングと有酸素運動にご注目。有酸素運動と加圧トレーニングとの出会いが、きついトレーニングのイメージを変えてくれるはずです。

有酸素運動はどんな運動のこと?

日ごろ私たちが行う運動で、有酸素運動と無酸素運動があるのはご存知でしょうか。有酸素運動は、激しい動きではないぶん酸素を多く取り込み息切れを起こすこともありません。長い時間続けることができ、体脂肪をエネルギーに変えるため燃焼させます。ダイエットに向いていると言われるのは脂肪を燃焼させるからです。

無酸素運動は酸素をあまり取り込まずに行う運動です。瞬発力が必要な短距離走や重量級のウエイトトレーニングなどがあります。エネルギーを糖質から得るということで、筋肉にも負荷をかけて積極的に鍛えたい人向きです。

脂肪を燃焼させるためには代謝を上げる必要があります。短時間で代謝を上げる方法の一つとして、加圧トレーニングがあります。腕や脚に加圧ベルトを巻いて軽く運動しますが一時的に血流を減少させることで心拍数を上げ、一気に体の隅々まで血液を送ります。そうすることで代謝が上がるのです。代謝が一番上がっているトレーニング後に有酸素運動を行うことで、体内の脂肪をさらに燃焼します。ダイエットには代謝を上げる加圧トレーニングと酸素を取り込み脂肪を燃焼させる運動の組み合わせが最適なのです。

加圧トレーニングだけでは痩せないって本当?

週に多くても2、3回のペースで行う加圧トレーニング。単独では個人差があるものの急激に筋肉が発達したり痩せることはありません。これまで運動らしいものをしたことがなくて初めてトレーニングを受けた人なら1か月ほどでビフォーアフターがはっきりした痩せ方をするときもあるようです。

加圧で筋肉に軽めの負荷を与えた鍛え方では、長く続けていると負荷に慣れてしまいます。ダイエットでもはじめに数キロ落ちた後は、停滞期がやってくるといいます。大抵は停滞期で諦める人が多いのが現実です。加圧トレーニング単独では代謝を上げるなど一定の効果を維持しながら、有酸素運動をプラスしてさらに脂肪を燃えやすくするのです。

加圧トレーニング単独では個人差はありますが、不足していた筋力が戻ると体重の変化は感じられなくても体は引き締まっていきます。ダイエットのためのほかのトレーニングと比べると痩せ方が緩やかかもしれません。加圧して無理のない範囲で体を動かすと回復が早まることからリハビリとして取り入れている医院もあります。そのため筋肉をがっつり確実につけたい人は、ハードなウエイトトレーニングとプロテインなどの組み合わせを選ぶようです。血流の促進と代謝を上げるのがメインの効果なので、有酸素運動とうまく組み合わせて脂肪を燃焼させましょう。

加圧ダイエットと有酸素運動で効率を上げよう!

脂肪の燃焼をアップさせるための有酸素運動、代謝を上げる加圧トレーニングはダイエットの方法として最適な組み合わせだということがわかりました。かといって運動だけで痩せるものではなく、脂肪の燃焼にはある程度の筋肉が必要なのです。長く続けることによって緩やかながら筋力もついていきます。ダイエットといえば脂肪や体重の減少ばかりに注目しがちですが、必要な筋力をつけることが最大のポイントです。トレーニングで筋力をバランスよくつけると体重の減少が少なくてもきれいな痩せ方が期待できます。

ジムへ週に数回、加圧トレーニングに通いながら自宅では有酸素運動を続けるのが理想のパターンです。天候に左右されず、女性は化粧や日焼けを気にすることなく取り組めるのがメリットです。自分の体調に合わせた運動を選ぶと良いでしょう。テレビを観ながら、音楽を聴きながらのスクワットやもも上げ、踏み台昇降など続けられる環境や工夫が必要です。

ダイエットだからといって、食事を抜くのは絶対にやめましょう。そのままトレーニングすると貧血で倒れることがあります。本来の動きもできず効果も出ません。トレーニングをするなら、栄養バランスの取れた食事をしっかり摂ることが大前提です。筋力に特化したものか、痩せるための食事にするのか、その人の体質でメニューも変わります。トレーニングの組み合わせと食生活の見直しで燃焼効果をアップさせ、スリムボディを手に入れましょう。

まとめ

加圧トレーニングは、激しい運動をしなくても長く続けることで理想的な痩せ方が期待できます。ダイエットを目的に始めるのなら、単独トレーニングではなく効率をアップさせる有酸素運動を加えるのが痩せる体質への近道です。ほかのトレーニングとは違い効果が緩やかという理由で、がっつり筋肉をつけたい人は筋力に負荷をかける重量級のウエイトトレーニングを選ぶことが多いようです。

加圧して血流を促し、代謝を上げるという点においてはケガの回復が早くなるリハビリとして行う医院もあります。いろんな運動との組み合わせが考えられますが、年齢問わず長く続けられそうなダイエットで選ぶと、加圧トレーニングと有酸素運動が最強のようです。