加圧トレーニングの効果的な食事の仕方!ご飯の量と食べてはいけないもの

無理なく続けて理想のボディラインを手に入れよう!加圧トレーニングをするときの食事のタイミングは?積極的に摂りたい食べ物と、食べてはいけないものってあるの?トレーニング最中のご飯の量はどうしたらいいの?食べ物の摂り方で効果が左右され、私たちの数か月後の体をつくります。適度なトレーニングと、バランスの取れた食べ物で効果を最大限に引き出しましょう。

加圧トレーニングするときの食事のタイミングは?

お腹が減ったときにおいしいご飯を食べるのが幸せだと思う人が多いと思います。とくに運動したあとの食事はおいしさが倍増します。トレーニング前後で食べてはいけないものをご存知ですか。せっかくの効果が食べるタイミングや食べ物を間違うと帳消しになってしまうことがあるようです。

さて、減量のため、ボディラインを保つためとそれぞれ目標を立てて加圧トレーニングをこれから始めよう、または始めたみなさんに質問です。トレーニングと食事のバランスを考えていますか?栄養バランスはトレーニングと合わせて指導をしてくれるジムが多くあなたにピッタリのメニューを教えてくれます。体のことを考えたら、食べるタイミングも大事なのです。食後すぐに運動すると腹痛を起こしたり、気分が悪くなったり、ひどいときには嘔吐することがあります。トレーニングの2時間前までには済ませるようにし、消化を促すようにしましょう。軽食程度の場合は、約30分休憩します。空き腹では力も出ないし、貧血を起こしてしまうと運動どころではありません。どうしても食べたいときに、食べてはいけないと言われると余計に食べたくなるものです。運動前には消化のよい果物や炭水化物をおすすめします。

加圧トレーニング後に食べてはいけないものはあるのでしょうか。トレーニング直後は食べ物より有酸素運動でさらに効果を上げます。運動後30分は体が栄養素を吸収しやすい時間帯でもありますのでこってりした食べ物、スイーツのような糖質、高脂質のものは避けましょう。ダイエットと同じ理由ですが、ドカ食いと消費したカロリーを上回るものを食べると運動した意味がなくなります。筋肉の修復に欠かせない栄養を補うようにしましょう。

積極的に摂りたい食べ物と食べてはいけないもの

トレーニング前後に積極的に摂りたい食べ物は何でしょう。始める前に軽食程度なら、バナナやリンゴ、エネルギーになる炭水化物、おにぎりやパンを食べると消化がよく体の負担にならないそうです。しっかりとした食事なら、消化の悪い食べ物は4、5時間かかるものがあるので控えめに。食べるときの基本でもありますが、よく噛まないと胃に負担をかけ、消化不良を起こしてしまいます。

では加圧トレーニング後に積極的に摂りたい食べ物は?加圧トレーニングをするなら、5つの栄養素を考えて摂っていきます。炭水化物、タンパク質、脂肪、ビタミン、ミネラルです。体の調子を整え、筋肉の修復や発達に欠かせないタンパク質。卵やヨーグルトの乳製品、ささみは筋肉トレーニングを意識する人が積極的に摂るものです。ご飯は白飯から小麦へ、大豆などもいいとされています。タンパク質の吸収を助けるビタミン類も忘れないようにしたい栄養素です。

メインの食事でバランスを取るのが難しいときは、プロテインに頼る方法があります。無理なく続けるなら、プロテインを一日のどこかに取り入れながら楽しく続けたいものです。食べてはいけないものと聞くと、長く続けるのが厳しく感じてしまいます。ダイエットでやせ我慢しても続かないというのは「食べられないストレス」が溜まるからです。無理に我慢するのではなく、少量を食べると精神的に満たせることがあります。食べてはいけないものの中に、糖質、脂肪分たっぷりの食べ物が挙げられますが、トレーニングをしている間はいつもより量を控える、回数を減らすと心も満たせるはずです。

ご飯の量と続けるためのコツ

ご飯を食べる量は腹8分目がいいと聞いたことがあります。そうはいうものの、加圧トレーニングをしていて頭ではわかっていても、人間お腹いっぱいに食べたいときもあります。食事では消化を助け、満腹感を得るために「最低30回はよく噛んで食べよう!」と習いませんでしたか?とはいえ、仕事中は休み時間が短く早食いが定着している人にとってはよく噛んで食べる単純作業が難しいのです。食べてはいけないもので避けてしまうより、食べ方にひと工夫しましょう。噛み応えのある食べ物は噛む回数が増えると顎が疲れてくるのと同時に、満腹中枢を刺激します。食べすぎを防ぎ、長い目で見ていくとご飯の量のコントロールにつながるのでお試しあれ。例えば肉や野菜は一口サイズを大きめにし、温野菜に生野菜をプラス、白飯を麦入りで噛み応えのあるご飯にしましょう。

加圧トレーニングの前後の食事内容と食べるタイミングが効果を変えると言われています。トレーニング中には水分補給をこまめに。トレーニング前に食べてはいけないものは消化が悪いものです。どうしても直前に食べるときはよく噛んで、量はほどほどに。終わった直後の食べ物は疲れた体を労わり修復を助ける食べ物を選んでトレーニングの効果を無駄にしないようにしましょう。

まとめ

加圧トレーニングを始める約2時間前までに食事を済ませておきましょう。タイミングが合わないときは、軽食程度で30分は休憩を取り消化を促します。消化がよい炭水化物、おにぎりや果物を摂るようにします。トレーニング直後は効果が薄れることから脂質や糖質が多いものは食べてはいけないものと言われています。疲れた筋肉を修復するタンパク質やビタミンを中心に摂りましょう。加圧トレーニングを長く続けるには食べてはいけないものを意識せず、我慢しない食生活が理想です。食べ方を工夫し、噛むことを意識した肉や野菜の切り方で、ひと口を大きめに噛み応えのある食事にすると満腹中枢が刺激され食べる量を自然に抑えることができます。