お尻を美しくするために効果的な加圧トレーニングメニューをご紹介!

上向きに丸みを帯びた美しいお尻は、足を長く見せてくれる上に、メリハリのあるボディに魅せてくれるものです。そんな美しいお尻を作るためには、食事制限だけでは足りません。美しい丸みを支える筋力が必要になるのです。ですから、トレーニングは必須と言えます。様々なトレーニングがある中、特におすすめなのは加圧トレーニングです。圧力という負荷をかけ、鍛えられるため加圧トレーニングでは美しいヒップラインを作り上げることが可能なのです。では、具体的にどんなメニューが効果的なのでしょう。オススメのトレーニングメニューについて調査してみました。

お尻のどこを鍛えるとヒップアップするのか

美しいヒップラインといえば、どんな形を想像されますか?例えば、腰部から臀部にかけ、コンパクトでありながら程よく隆起し、キュッと上向きに丸みを帯びたヒップは、足を長く見せメリハリのある体型に魅せられるため、大変魅力的です。誰もがそんな魅力的なヒップラインに憧れることでしょう。しかし、こうした上向きに丸みを帯びたお尻はトレーニングでしか、成しえないものでもあります。

お尻の周りは、脂肪がつきやすい場所でもあります。なにもトレーニングをせずに日々を過ごしていると、筋肉がやせ衰えてしまう部位です。そうなると、お尻はどんどん重力に従って下に下にと下がってきてしまいます。重力に逆らえる筋力をつけないと理想の丸みを帯びたヒップを手にすることが出来ない部位なのです。

特にどこを鍛えるとお尻はヒップアップするのでしょう。お尻は、様々な筋肉とつながっているため、一つの筋肉だけを鍛える方法ではきれいな形に整えることが出来ません。まずはヒップの下部を支える大殿筋と中殿筋は外せません。さらにヒップから脚にかけてを支えるハムストリングも大切です。また深層外旋六筋と呼ばれる股関節の周囲にある筋肉もヒップアップには欠かせない筋肉です。これらの筋肉を刺激し、ヒップアップを図りたいというのであれば、様々なトレーニングメニューを毎日こなさなければなりません。またそのメニューも、ある程度の負荷が必要になります。しかし、日々トレーニングに慣れているという人でも大変なメニューを、急に行わなければならないとしたら、誰だってその大変さに挫折してしまいそうです。でも、加圧トレーニングなら、山ほどのメニューをこなさなくても、ヒップアップを図ることが可能です。

ヒップアップに加圧トレーニングは効果的

何故ヒップアップに加圧トレーニングが最適なのか、それは程よく圧力で負荷をかけつつトレーニングを行うことが出来るからです。ご紹介しましたように、ヒップ周辺には多くの鍛えなければならない筋肉が存在しています。これらのどれか一つを鍛えてもヒップアップを図ることはできず、全体をまんべんなく、かつ均等に鍛える必要があるのです。しかし、そうなるとトレーニングメニューが過多になってしまい、メンタル的にもウンザリしてしまうことでしょう。

加圧トレーニングは、血管に負荷をかけ血流を抑えながらトレーニングを行うことで、通常のトレーニングよりも、より負荷をかけた状態に導くことが出来ます。より負荷がかかることで、筋肉はさらなる負荷を感じます。こうして圧力の負荷によって筋繊維を太くすることが出来るのがこのトレーニングの魅力なのです。たくさんのメニューを何度も何度も行わずとも、圧力をかけた状態で一定時間トレーニングをするだけで通常よりもずっと負荷をかけられるため、より効率的にトレーニングが可能ですから、ヒップアップのトレーニングにも十分役立てることが出来るというわけです。

またお尻の周辺は脂肪がつきやすいうえ、筋肉が付きづらい部位と言われています。というのも、ヒップの周辺である下半身は、血流が弱くなりやすいうえに、お尻の周囲には太い血管が少ないのです。そのため、温まりづらいという難点があるのです。温めりづらい部位はなかなか筋肉が付きづらいものです。ですから通常のトレーニングを行っても、よほど継続しない限り納得いく筋肉がつくことはありません。しかし、加圧トレーニングは、通常より強い負荷をかけた状態でトレーニングすることが出来、付きづらいヒップの周辺にも効果的に筋力をつけることができるのです。

効果的なメニューをご紹介

ここでヒップアップに効果的なトレーニングの一部をご紹介しましょう。もちろん、これらのメニューを加圧なしで行うこともできます。足腰の健康を気遣う方、また加圧トレーニングを始める前の準備運動としても取り入れることのできるメニューでもあります。加圧なしであれば、それほど強い負荷を感じることの無いトレーニングばかりです。しかし、これに加圧を加えると、思いのほか負荷を実感することのできるトレーニングでもあります。

まずはスクワットです。足を腰幅に開き、姿勢を正します。この時、背中が丸まったり反り腰にならないよう意識をしましょう。膝を曲げながらまっすぐに腰を落とし、太ももが床と水平になるまで下げます。膝がしらが足先よりも前に出ると、ひざを痛めてしまいますから、膝の位置にも注意しましょう。目線は下に落とすと威勢が悪くなりがちです。前を見て行いましょう。加圧トレーニングでスクワットを取り入れる場合、まずは加圧なしで姿勢をチェックしながら行ってみましょう。正しい姿勢に慣れてから加圧トレーニングメニューに加えるとより効果的にトレーニングすることが出来ます。スクワットはお尻を支える足や腰回りの筋肉を強化するのに大変効果的です。

ヒップエクステンションもヒップアップに効果的ですので、こちらもご紹介しておきましょう。これは四つん這いの姿勢で行うトレーニングです。まずは肩の真下に手のひらが来るように身体を支え、腰の下に膝が来るよう姿勢を整えましょう。右ひざを伸ばし、右かかとを後ろに蹴り上げるようにして振り上げます。このとき、右のお尻の筋肉を意識して使ってください。次に右ひざを曲げ、元の位置に戻しますが、すぐに床につけず、少し離した状態でキープして、また後ろに振り上げるというトレーニングを繰り返します。これは左足も同様に行ってください。このトレーニングによって、腰の上部からヒップまでの筋肉を刺激することができます。

最後にヒップの側面を鍛えるトレーニングもご紹介します。ヒップアブダクションです。横向きに寝て、上部になる方の足をまっすぐ天井に向かってあげましょう。横向きになっているため、足を上げる際は腰の横の筋肉を使うことになります。この部分はヒップだけでなくウエストの筋肉も刺激します。こちらも右と左、両方を行ってください。こちらのトレーニングも、なるべく姿勢を意識し、加圧なしで慣れてから加圧トレーニングで行う方が安心です。

まとめ

美しいヒップラインを目指すには、何もしないでいては変わることはありません。一日一日の努力が憧れのヒップラインへ近づく近道なのです。

しかし、そうはいってもなるべく短期間で目標のヒップラインになりたいと思うものです。自分なりの方法で失敗をしてしまうより、加圧トレーニングメニューを取り入れるほうがより効率的です。薄着の季節が近づく前に、お尻を何とかしたいと思っているのなら、加圧トレーニングで今こそ鍛えてみませんか?