足を長く見せたい男性へ!加圧トレーニングでお尻を鍛えよう!

男性の筋力アップは、男らしさのアップにもつながります。鍛えあがった筋力は男の象徴ともいえるもの。と、このようにご紹介すると、イメージするのは大胸筋や上腕二頭筋など、目に見える筋肉になりがちです。しかし、お尻の筋肉というのも見逃せない筋肉であることをご存じでしょうか?お尻の筋肉を鍛えると足が長く、スタイル良く見えることにもつながります。とくに加圧トレーニングはそんな筋力アップを図りたい男性にピッタリのトレーニングです。加圧トレーニングの魅力とは何か、具体的にどんなトレーニング方法が良いのかなど、詳しくご紹介します。

足長効果を得たいのならお尻を鍛えるべし

外国人のモデルなどを見ると、すらりと足が長く、どんなファッションんも素敵に着こなしています。「あんな風になりたい」と思っても、生まれ持った体格を変更するわけにもいかず、諦めているなんて日本人男性も多いことでしょう。しかし、もしそんな悩みを持っているのでしたら、その悩みを解決する方法はあります。足を長くするといっても、本当に足を伸ばすという意味ではありませんが、見た目の印象として、足を長く見せる体格に整えることは可能なのです。

例えば、陸上競技の選手を思い浮かべてください。見事に引き締まった下半身をしていますね。ヒップ周りも小さく、足もすらりと長いように見えるでしょう。彼らは毎日トレーニングをしています。それによってヒップ周辺の筋肉をしっかりと引き締めています。これが、アスリートの足が長く見える秘訣なのです。つまりおヒップの周辺にある筋肉をしっかり引き締めることによって、見た目に足を長く見せることも可能というわけです。

お尻の筋肉は腰や腹、足の筋肉とつながる大変重要な筋肉です。鍛え方次第で大きくすることも、またヒップアップさせることも可能な筋肉です。もっと言えば、自分のなりたい体型に導くには、お尻のトレーニングを重点的に行えば、確実に理想の体型は手に入るということでもあります。ただし、一つ問題があります。お尻の肉は、ほかの部分と比べ柔らかく、なかなか筋力アップを図りづらい部位ということです。座る際に一番最初に着地する部位でもありますが、衝撃を吸収しやすいよう、また体のバランスをうまく保つためにもこのような柔らかい肉質になったと言われています。でも、柔らかいということは、なかなか筋肉になりづらいということでもあります。そのため、例えばトレーニングに慣れていない、また運動経験がないという男性の場合、なかなか筋肉が付きづらいという可能性もあるのです。

そかし、そんな方も心配ご無用なのです。身体の血管に圧力をかけて行う加圧トレーニングは、通常のトレーニングと違い負荷がある分、筋肉をつけやすいトレーニングです。この加圧トレーニングを効果的に行うことによって、短期間でも十分満足いく結果を生み出すことが可能なのです。

理想の男性はお尻が魅力的

そもそもなぜお尻なのか?ということを疑問に持たれる男性もいることでしょう。加圧トレーニングで筋力アップを図るにしても、ヒップなどの下半身よりもまずは胸板でしょうと思う方もいるかもしれません。確かに、上半身の筋肉は、見た目の印象に影響する部分のように感じられることでしょう。鍛え上げられた胸板は男性の魅力の一つでもあります。しかし、忘れていけないのはバランスです。胸板が厚く屈強な体型なのに、ヒップ周りが貧弱だったらどうでしょう?バランスがおかしいですね。むしろ、素敵な男性には映りませんね。つまり、胸を鍛えるのなら同時にヒップを鍛えることも欠かしてはならないということなのです。

ただし、具体的にどんなお尻にすべきなのか、どんな形が理想なのか、これは例えば効果的と言われる加圧トレーニングを取り入れるにしても、事前に把握しておきたいところでしょう。ただやみくもに加圧トレーニングを繰り返しても理想の体型になることはできません。まずは、目指すべき理想の形を理解しておくことが大切です。

一般的にヒップ周りのサイズは、身長に0.536をかけ、算出された数字が理想的な大きさと言われています。例えば170センチくらいの男性の場合には、91.12センチ前後というところになります。ただ、これはあくまでも数字的な目安と考えましょう。ヒップ周辺の場合、サイズだけ意識しても理想的な形になるとは限りません。形状という問題もあります。女性なら丸くプリンと上向きのヒップが理想的です。これと同様となると、男性の場合少し違和感が生じるところです。男性の理想形としては、腰から臀部にかけてハリがあり、また太ももから臀部へはぐっと持ち上がった状態が理想的と言われています。また全体的に大きすぎず、平たくなりすぎないヒップは、お尻の印象を大きく見せず、かつ足長効果を出すのにもオススメです。

お尻の筋肉を鍛えるなら加圧トレーニング!

男性はもともと筋肉が付きやすい体質をしていると言われます。ですが、どうしてもヒップ周辺の筋力アップを図るのは難しいものです。ヒップ周辺は脂肪がつきやすく、そのうえ柔らかい肉質であるため、鍛えるのが難しいのです。実際、例えばヒップアップに効果的なスクワットを毎日継続したとしましょう。一般的にヒップの筋力アップが図れるまでには1か月から3か月程度は必要と言われています。しかしなるべく早く効果を実感したい人にとって数か月の継続は少し苦になりがちなものです。多少なりとも効果を実感できるのなら、やる気も違ってくると感じることもあるでしょう。

こうしたことで言えば、加圧トレーニングは最適なトレーニング法です。加圧トレーニングの方法は、バンドなどで圧力をかけ、血管に負荷をかけつつトレーニングを行うというものです。この方法は、通常血管から送られるはずの酸素量が圧力によって減少することで、通常よりも筋肉に強い負荷がかかります。ただでさえこうして筋肉に負荷がかかっているというのに、その状態からトレーニングを行うのですから、筋肉にかかる負荷はより強くなります。この効果により、加圧なしでトレーニングするよりもずっと筋肉量を増やすことが出来るというのが加圧トレーニングの良さなのです。

お尻は筋肉が付きづらいところですが、それでもこのトレーニングによれば、通常よりも負荷の多い状況で筋肉に刺激を与えることが出来ます。短期間の継続でヒップ周辺の筋肉量を実感することも可能になるというわけです。やる気の問題を心配する必要もないという面からみてもたいへん効果的なトレーニング法です。

まとめ

短期間ですらりと引き締まったスタイルを手に入れたいというのなら、ご紹介したように加圧トレーニングが最適です。誰にも知られず、気が付かれないうちに自慢のできるスタイルを手にしたい方や、スーツを格好よく着こなしたいと願っている方にオススメのトレーニングと言えます。

頑張っている姿を他人にさらしたくないなら、加圧を味方にすれば、短期間で理想のスタイルを手にできる可能性があるのです。何より男性の魅力は後ろ姿に表れるといいます。短期間で魅力的なお尻を手に入れるため、ぜひこのトレーニングを取り入れてみてはいかがでしょうか。