知っておくと親子で安心!加圧トレーニングと妊娠の関係性

妊娠は妊活中の方も妊娠中の方も出産後の方も、自分の問題だけではなく、生まれてくる赤ちゃんや生まれた子供の心配も同時にしなくてはなりません。トレーニングをすることで、親子ともどもに良い効果が出るように工夫していきましょう。そのために気にしければいけないことやトレーニング方法などを解説していきますので、ぜひチェックしてみてください。正しく実践すれば良い結果になると思います。

加圧トレーニングで妊活できるってホント?

たまに妊娠を望む女性の中で、加圧トレーニングが妊活に良いのではないかということが話題になるそうです。結論から言うと、「わからない」というのが正直なところで、加圧トレーニングをすれば妊娠しやすいという医学的根拠はありません。ただし、妊娠しやすい体作りの助けになることは確かです。妊活中の女性に適している運動は、激しい運動ではなく、適度な動きで習慣的に続けることのできる運動ですので、加圧トレーニングはその条件に適していると言うことができます。

加圧トレーニングをすることにより大量の成長ホルモンが分泌されるのはご存じでしょうか?この成長ホルモンはダイエットや筋力アップに役立つだけではありません。女性ホルモンが分泌される効果もあり、基礎代謝が上がったり、血の流れが良くなったりなどに繋がります。このような効果に繋がっていければ、妊娠をしやすい体作りにも大いに役立つのではないでしょうか。

特に、お腹の中で赤ちゃんの布団のような役割をする子宮内膜は、冷やしてしまうと妊娠がしづらいと言われています。トレーニングをすることで血液の流れが良くなり、筋肉が鍛えられて冷えにくい体を作ることができる点も大きな魅力と言えるかもしれません。妊活にとっても冷えは大きな敵ですので、冷え症の改善に繋げることは良い結果になると思います。

実際に妊娠出産をする女性はもちろんなのですが、男性にも良い効果があると言われています。加圧トレーニングはミトコンドリアの活性化にも効果があるからです。ミトコンドリアから精子が作られたりする役割があるからです。このミトコンドリアがトレーニングにより活性化すれば健康な精子を作り出す可能性は高くなります。男女ともに赤ちゃんを作りやすい体作りができるということですね。

加圧トレーニングを扱っているジムの中には妊活専門コースがあるところもありますので、本格的に妊活をしてみたい方はこのようなコースを利用してみるのも良いかもしれませんね。実際に妊娠できるかどうかは別として、妊娠しやすい体作りができることは確かなので、試してみても損はないと思いますよ。

妊娠中のトレーニングはOKなの?

妊娠中の運動やトレーニングは加圧トレーニングではなくても少し不安になってしまうと思います。全く動かないで運動不足になるよりは適度に運動やトレーニングをしたほうが赤ちゃんのためにも良いのですが、自分で判断しようとすると適切な運動量がわかりません。やらないのも良くないけど、やりすぎも良くない。そんな絶妙のラインがあるのが妊娠中のトレーニングです。

軽く運動をするのとは良いと知っていても加圧トレーニングはハードルが高いと思ってしまいがちではないでしょうか。実は、気を付けなければいけないポイントさえ知っておけば加圧トレーニングは良い効果をもたらしてくれます。ここで、絶対に守らなければいけないことは自分の判断ではやらないことです。絶対にプロのトレーナーの指示のもと行ってください。また、担当医にも絶対に相談してからにしなければいけません。

同じ妊娠中と言っても状況は人それぞれ違います。軽い運動が必要なかたや絶対に運動はダメと言う方もいますので、どの程度のトレーニングが可能なのかを細かく担当医に確認してください。大切なことなので何度も言いますが、自己判断だけは絶対にやめましょう。

特に気を付けなければいけない妊婦さんは、至急頸管無力症の方や、子宮頸管の短い方です。このような妊婦さんは安静がとてもたいせつなこととなります。トレーニングなどの負荷をかけてしまうと流産のリスクがとても高まってしまいますので、絶対に安静を守ってください。何も問題ないと言われている妊婦さんでも、うつ伏せにならなければいけないものや、ふくらはぎに負荷のかかるものは避けてください。また、転倒の危険性があるものも避けましょう。

もちろん、妊娠中に加圧トレーニングを行う危険性だけではなく、メリットもありますので、絶対に無理はしないようにして医師やトレーナーの指示に従ってトレーニングしてみてください。主なメリットは、血流の活性化、体重増加の防止、筋力強化(子宮を支えるため)などです。血流が活性化すると冷え症や便秘、つわりの改善にも繋がりますので、適度にトレーニングしてみてください。

産後のトレーニングのオススメ

出産後は、体力を取り戻さなければいけません。一般的には最低でも約一カ月程度は安静にしています。しかし、現代では産後の肥立ちが良い方が多く、一カ月も過ぎると、だいぶ普通に動けるようになりますよね。もし、出産から一カ月ぐらいたって普通に動けるような状態でしたら、軽く運動を始めても大丈夫だそうです。ただし、まだ骨盤が不安定だったり、運動するための体力が戻っていなかったりと何かとデリケートな時期ではありますので、本当に簡単なトレーニングから始めるようにしてください。できれば産後二カ月ぐらいは様子を見たほうが良いかもしれません。

加圧トレーニングは椅子に座った状態で、上半身と下半身をトレーニングすることが可能ですので、小さい負荷から始めることができます。トレーニング中にお子さんを誰かに預けることができない、または預けるのが不安な方は、ある程度の月齢になれば一緒にトレーニングできるジムもあるようです。膝の上に抱っこしたり、傍においてトレーニングができたりしますので、安心できるのではないでしょうか。

子育ては抱っこをしたりなど、何かと体を酷使します。特に肩こりや腰痛、背中のはりなど困っている方も多いようです。そんな体の不調を加圧トレーニングで血流を良くすることで軽減することができます。また、子育ては幸せな事ではありますが、どうしてもストレスを感じてしまいます。そんな時のストレス発散として体を動かしてリフレッシュするのも一つの手段です。

出産後も妊娠中と同じく、人それぞれ体の状態が違う物です。必ず専門のトレーナーと担当医の指示のもと安全で健康的に加圧トレーニングを楽しみましょう。絶対に無理は禁物ですよ。

まとめ

いかがだったでしょうか?妊活中、妊娠中、出産後、と状況やトレーニング方法、気を付けなければいけないことは違いましたが、子供のことを最優先に考えることはどの場合でも変わりありませんよね。きっとどの場合であっても子供のことを考えながら選択していけば悪い結果にはならないのではないでしょうか。

自分と子供の状況に合わせて、良い選択をしていってくださいね。加圧トレーニングはしなくてはいけないものではありません。絶対に無理だけは禁物ですよ。