加圧トレーニングは何歳からでも可能?筋トレと年齢の関係性について

「筋トレって何歳からでも始められるの?」「加圧トレーニングは小さな子どもでも参加可能?」そんな疑問に答える情報サイトです。トレーニングを小さい内から始める事で、何かしらのデメリットが生じるのでしょうか。反対に、どんなメリットが存在するのでしょうか。

トレーニングと歳の関係性について知りたい人は要チェックです。

筋トレは何歳からするべき?

体を鍛え、且つ健康に多くの利益をもたらしてくれる筋トレですが、始めるにふさわしい時期はあるのでしょうか。「子どもにもトレーニングさせたいけれど、体に影響は無いの?」と不安に思う人も少なくないですよね。

結論から言うと、筋トレは何歳からでもトレーニング可能です。もちろん、何歳からでも、というのは自分でトレーニング出来る年齢を意味しますので、ある程度の年齢ではありますが、小学生程度であればトレーニングを始めるのは決して悪い事ではありません。寧ろ、トレーニングをする事で成長ホルモン分泌が促されるので、健康的な体を養うに相応しいと考えられます。

しかし一方で、まだ成長過程の子どもがトレーニングするというのは、場合によっては体に害を及ぼす可能性もあるので注意も必要。成長過程の子どもの関節付近には、骨端軟骨と呼ばれるまだ未熟な軟骨が存在します。この骨端軟骨は成長軟骨とも呼ばれる骨であり、成長には欠かせない骨なのですが、体重以上の負荷をかけてしまうと、この軟骨を破損させてしまう恐れがあります。結果、成長が妨げられ、身長が伸びなくなってしまう事も。これから成長期を迎える子どもにとっては、身長が伸びなくなるのは大きな痛手ですよね。軟骨を痛めない為にも、重量が重すぎるトレーニングは止めておくのが妥当でしょう。高重量のトレーニングを行うならば、高校生以降にしておいた方が無難です。

筋トレが子どもでもトレーニング可能という事は分かりましたが、反対に何歳で止めるべきでしょうか。これについても、特に年齢に制限はないというのが答えです。筋肉量と運動能力は年齢と共に衰え、10代20代では躊躇なく出来ていた事も、年齢を重ねるごとにどんどん出来なくなってしまします。しかしトレーニングさえ続けていれば、衰えていくスピードだって抑えられます。

もう今から始めても遅い、そう思わずに何歳からでもトレーニングを始めてみてください。たとえ何歳になっても、鍛えれば鍛える程筋肉は体についていきます。  

加圧トレーニングは誰でも参加可能?

筋肉を効率的に鍛える方法として、加圧トレーニングという方法がおススメです。加圧トレーニングとは、腕や脚などにベルトを巻き、血流を制限した上でスクワットや腕立てなど、一般的な筋トレを行うトレーニング方法です。このトレーニングの最大の特徴は、低負荷でも高効率で筋肉を鍛えられるという点。血流を制限する事で筋肉の低酸素化を招き、結果、激しい運動をしなければ鍛える事が出来ない筋肉までも鍛える事が出来るからです。低負荷でも効果が現れる為、筋力が衰えた高齢者や、女性、まだ筋力が備わっていない子どもであってもトレーニングが可能です。その上、年齢制限についても、制限が設けられているケースは少なく、小学生ぐらいからであれば始められるジムも多いようです。ただし、血流を圧迫しながらトレーニングをする為、万が一の危険が及ぶ可能性もあります。未就学程度の子どもは、安全面の観点から考えてトレーニングは控えておくべきでしょうし、身体の弱った高齢者も同様に控えるべきだと思われます。

子どもや高齢者以外に、加圧トレーニングでは参加を控える、または医師に相談した上でトレーニングをするべき人がいます。例えば高血圧の人。加圧トレーニングを行えば、加圧と除圧の繰り返しによって血管の硬化を和らげてくれるという効果が期待されるばかりか、血管が拡張され血流が良くなる効果も期待出来ます。しかし血圧のリスクは専門の医者では判断しづらい点も多く、何かあってからでは取り返しがつかない場合もあります。高血圧と診断されている人が始める際は、必ず医師に相談した上で行い、トレーナーにもその旨を伝えてください。他にも、妊娠中や生理中の人、心臓疾患や急性疾患がある人も安全面から考えてトレーニングを控えるべきです。異変を感じたらすぐにトレーニングを中止する事と、少しでも気分が悪くなればトレーニングを控えるようしましょう。

子どもが筋トレを安全に行う際の注意点

子どもが筋トレを行う場合は、注意しておかなければならない点がいくつかあります。注意しなければならない理由は、まだ成長過程にある子どもがトレーニングで負荷をかけてしまった場合、少なからず体に何らかしらの影響が現れるから。それが良い影響として出るか、または悪い影響として出るかは、正しい知識を得た上でトレーニングをしたかに因ります。先述した通り、子どもが過度なトレーニングをすると、骨端軟骨が損傷し、身長が伸びづらくなってしまう可能性があります。骨端軟骨は私達の身長を左右する、いわば骨の伸びしろのようなパーツ。子どもの内はこの骨端軟骨はまだ柔らかい為、どんどん身長を伸ばしていきますが、大体思春期を過ぎてしまうと骨が硬くなり、成長も止まってしまいます。骨端軟骨を破壊しない為にも、過重量なダンベルやバーベルを使う過度なトレーニングを控えてください。

過度なトレーニングによって身長の伸びが止まってしまう理由は他にもあります。過度なトレーニングにより、疲労が蓄積されると、筋肉を回復させる為に成長ホルモンが分泌されるのですが、成長ホルモンは筋肉だけでなく、骨の成長や身体の成長にも使用されます。よって、あまりにも筋肉疲労が激しすぎると、成長ホルモンが筋肉ばかりに消費されてしまい、成長の為の使用が減少してしまう事に成りかねません。

骨の損傷や筋肉疲労を防ぐ為にも、子どもの間は激しいトレーニングはなるべく避け、個人のレベルや体格に見合ったトレーニングを身に着けさせてあげる事が何より大事です。成長期にある子どもは、同年齢であっても体格に差が存在するもの。小さな体の子どもに対し、いくら同年齢の子どもがしているからといって、体に見合わないトレーニングを課すのは成長の妨げを助長しているのと同じです。反対に、大きな体の子どもに対し、低負荷のトレーニングをさせても意味がありません。子どものトレーニングはそれぞれの子どもに見合った方法を模索し、常に安全に注視しながら指導していく必要があるのです。

まとめ

特に年齢制限を設けていない筋トレですが、低年齢から体を鍛えるには注意しなければならない点も存在します。そもそも子どもと大人では、体を鍛える目的からして異なります。大人の場合の多くは筋肉量を増やしたい、健康的な体を養いたい、痩せたいなどの理由が当たりますが、子どもの場合ですと、どれだけトレーニングをしても、決してムキムキになったり極端にボディラインが変わる事はほぼありません。子どものトレーニングは、基礎体力を高め、健康的な成長を促すという目的が主です。

健康的な成長を図る為にも、過度なトレーニングに繋がらないよう、大人が注意しておく必要があるようです。