女性にもおススメの筋肉アップ法!加圧トレーニングについて

一生懸命トレーニングしていても、中々筋肉がつかない…そんな悩みを抱えている女性は多いのではないでしょうか。確かに男性と比べて筋力がつかないですが、それにはちゃんとした理由があるのです。女性と筋肉の関係性について情報をまとめました。更に女の人や高齢者でも効果の出やすい加圧トレーニングについての詳しい説明もありますので、気になった人は是非チェックしてください。

一方、「筋力なんて必要ない」そう思っている人もいるでしょうが、実はあらゆる場面で筋力が必要とされるのを知っていますか?筋力に興味がある人もない人も、知っておいて欲しい情報が満載です。

ダイエットと筋肉の関係性とは

ダイエットと聞けば脂肪を落とす、そんなイメージが強いですよね。確かにダイエットで絞り落とさなければならないのは、体中についた脂肪です。しかしただ闇雲に体重を落とす事ばか考えていては、ダイエットに失敗してしまうかもしれません。何故でしょうか?

実は効率的かつ成功するダイエットには、脂肪を落とす以外に筋力をつけなければならないからです。ダイエットをしている人はそもそも運動が苦手、という人や力には自信が無いという人が多いかと思いますが、筋力をつけずに体重だけを落としてしまえば、皮膚がたるみ、肌もハリを失い、老けた印象になってしまう可能性があります。また食事制限ばかりかけていると、肌のハリを促す栄養素も失われていってしまいがち。多くの人が美容を目的にダイエットをしているでしょうが、ダイエットしたのをきっかけに、若さを失ってしまうなんて何としても避けたいですよね。同じくダイエットするにしても健康的に美しく痩せたいものです。その為には、先にも少し触れたように、筋力をつけながら脂肪を落とす事が何より大事なのです。

そもそも筋肉は体を動かす時に働くエンジンのようなものです。摂取したエネルギーを消化してくれるのもこのエンジンが大きく関係しています。筋力を上げると代謝率も上がるのですが、代謝とは内臓を動かしたり、体温維持を行うなどの私たちが生きる上で必要不可欠な消費エネルギー(基礎代謝)や運動する際に消費されるエネルギー(生活活動代謝)を意味します。この代謝率を普段から上げておけば、運動していなくても脂肪が燃焼されやすい体になるのです。つまり筋力が大きい人ほど太りにくい体を手に入れ、リバウンドも起こしにくい体になるという事。効率的且つ確実なダイエットを目指すのならば、運動も筋トレも取り入れたダイエットがおススメなのです。

女性が筋肉を付けるのは難しい!?

ダイエットや体質改善の為に筋トレをしているという女性の中には、どれだけトレーンングしていても、筋力がつきにくいと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。男性に比べると筋力がつきにくく、反対に脂肪がついてしまうケースが多いものです。では何故筋力がつきにくいのでしょうか。理由は大きく2つ挙げられます。

1)女性ホルモンが影響している…大きな理由の1つとして、ホルモンの影響が考えられます。男性ホルモンの中でも大きな割合を占めるテストステロンは、筋肉を作り、骨を守ってくれる役割を担っています。男性が女性以上に体が大きく、逞しいのは、男性ホルモン、ひいてはこのテストステロンの分泌量が強く影響している為です。テストステロンは他にも認知力を向上させたり、精神的なやる気、気力を向上させたり、血管を元気に若く保つ働きをしてくれます。筋力を蓄える働きを示す男性ホルモンに比べ、妊娠・出産の可能性がある女性は丸みを帯びた柔らかい体を作るよう、脂肪を多く蓄える傾向にあります。どれだけ筋力を上げたくても、ホルモンが影響しているのでは仕方ないかもしれませんね。

2)遺伝が影響している…ホルモンの違い以前に、遺伝的要素が深く関係している可能性もあります。これは男性であっても同様に、同じ量のトレーニングをしているにも関わらず、筋力がつきにくい人は存在するものです。これは、環境や人種によって長い間適合した遺伝的要素が関係している可能性があるのです。また、遺伝でなくても幼い頃に摂取していた栄養や、育ってきた環境によっても筋肉のつき方に大きな影響が出ます。例えば子どもの時から部屋で遊ぶ傾向にあった人と、外で走り回って遊んでいた人では、体型にかなりの差がある事は想像しやすいですよね。

男性に比べると筋力がつきにくいのにはある程度理由があります。悩んでいる人は多いでしょうが、ホルモンや遺伝が影響しているとならば納得しやすいのではないでしょうか。

加圧トレーニングが女性におススメの理由とは?

ダイエットには筋力が必要である事を上記しましたが、中でも加圧トレーニングはメリットがたくさん存在するおススメのトレーニング方法です。トレーニングのやり方は、腕や脚を専用のベルトで巻き、血流を制御した下でトレーニングを行うというもの。血流を滞らせる為、筋血管内の乳酸濃度が高まり、乳酸の高まりは成長ホルモンの分泌を促します。通常、激しい運動を行わなければ乳酸濃度が上がらないので、それに伴って成長ホルモンも多量に分泌される事もありません。しかし加圧トレーニングでは血管を圧迫し、人為的に乳酸濃度を上げる事で成長ホルモンの多量分泌を促進するのです。このように、効率的かつ短時間で成果を出せる加圧トレーニングですが、女性には特におススメしたい点が他にもあるのです。

1)部分痩せが可能…ダイエットの目的で筋トレを行う場合、部分痩せが出来ると凄く嬉しいですよね。寧ろまんべんなく脂肪を落としたい、というよりも、体の一部が気になる、という人の方が多いかもしれません。また、部分的に鍛えたいという人も多いでしょう。加圧トレーニングであれば、脚や腕、その部位にベルトを巻き、部位ごとにトレーニングします。成長ホルモンは特に乳酸が溜まった筋部位に作用するとされていますので、部分痩せするにはちょうどいいのです。

2)成長ホルモンが多量分泌される…短時間でも成長ホルモンが分泌されるトレーニングでは、筋肉に効果を与えてくれるばかりでなく、肌のハリやツヤも与えてくれるなど、美容に関する効果も期待できます。また、女性ホルモンの分泌も促してくれるので、美しくしなやかな体を手に入れたいならば打ってつけの方法です。

3)短時間でも効果が出る…仕事や育児に忙しくても、加圧トレーニングであれば、週1回、30分程度のトレーニングから効果が期待できます。忙しい人には最適のトレーニング方法です。

まとめ

体重ばかりを気にしすぎるダイエットはついつい食事制限に頼りがちですが、栄養も不足し、脂肪ばかりか筋肉も落ちてしまいかねません。その上、基礎代謝まで落ちてしまう事にも。たとえ体重が減ったとしても、代謝も落ちてリバウンドしやすい体になってしまうのであれば殆ど意味がありませんよね。効率よくダイエットをする為には、筋力を上げ、代謝を高める必要があるのです。

加圧トレーニングは効率良く且つ低負荷でトレーニングが可能、成長ホルモンの分泌を促し、また重いおもりを持たずにトレーニング出来るので、女性でも続ける事が可能です。

なお、加圧トレーニングは独断で行わず、必ずジムに行き専門の指導を受けてください。