基本を押さえよう!加圧トレーニングのときのおすすめの服装と持ち物は?

トレーニングウェアで検索してみるとジャージをはじめたくさんのウェアがあって、長袖や半袖、ノースリーブとバラエティに富んでいます。種類が多いのは選択肢があってよいとは思うのですが、加圧トレーニングをこれから始めようと考えている人は長袖でいいのか半袖でいいのか判断に困る人がいると思います。そこで、どんな服装がおすすめなのか?トレーニングに持っていく物を確認しましょう。

キーワードは動きやすい服装

運動するときは形から入る!実は私もという人、多いのではないでしょうか。やる気も違うし、動きやすいと楽しくなります。スポーツ用品専門のショップにはトレーニング用の服がたくさん販売されています。専用ウェアが必要なトレーニングもありますが、加圧トレーニングを行うときは専用の服でなくてもいくつかポイントを押さえた服装であれば充分です。汗を程よく吸収して発散してくれる素材を選びます。また洗濯しても乾きやすく、お手入れがしやすいものにしましょう。

基本は体を締め付けない動きやすいものです。加圧ベルトを腕や脚に巻き付けるので動きに合わせて伸縮するものが最適です。袖が長い服に少し丈があるパンツを着用します。長袖だと血管の状態の確認がスムーズに行えないので、5分袖か7分袖くらいの長さでハーフパンツがちょうどいいそうです。

女性の肌着にも注目、動いても気にならないスポーツブラがおすすめです。ワイヤーなどがあるとずれたり当たったりして思うように動けないことがあるようです。汗で蒸れることを考えると、ノンワイヤーブラが理想です。

ショップではこれがトレンドだとおすすめされることが多いと思います。加圧トレーニングの服装は難しく考えなくても、先ほどのポイントを押さえれば問題ありません。流行に流されず、自分に合ったトレーニングウェアにしましょう。

加圧トレーニングに向かない服装って?

加圧トレーニングはほかのトレーニングと違って、腕や脚に加圧ベルトを巻き付けます。ベルトを素肌に巻いてしまうと肌が汗の刺激でかぶれやすくなります。肌の露出が多い服装は避けましょう。上着もパンツも少し丈があるものを選び、短パンなら下にスパッツを履きましょう。長袖の服もなるべく避けてください。インストラクターがトレーニング中に血管の状態を確認するためです。効果をアップさせるのに加圧タイプのトレーニングウェアを着る人がいます。短時間ではありますがベルトで加圧し血圧を変えますので、体全体をさらに加圧するタイプの服だと具合が悪くなることがあります。ほかに向いていないのはもっと汗をかくための、厚みのある服はおすすめしません。加圧の加減がつかめず、ベルトを巻くには不向きです。安全のためにも軽くて通気性のある、スポーツ用の生地でできた服が理想です。

運動にはジャージを想像しますが、通気性が良いわりには生地に厚みがあり上からベルトを巻くのに適していないものがあります。準備した服が加圧トレーニングに適しているか判断できないときは、インストラクターに相談してみるとよいでしょう。ウェア代を気にしないなら、スポーツ用品の専門店でおすすめを揃えれば確実です。血管の状態を確認できて、腕と脚をベルトから保護できる伸縮性のある服装が向いています。

手ぶらもOK?加圧トレーニングへ行くときの持ち物

自分で身に着けるトレーニングウェアは、自身で準備するのが基本です。ほかにタオル、飲み物を準備しておきます。スポーツドリンクでもかまいませんが、糖質が多いので控えめに。麦茶かイオン水、ミネラルウォーターが体になじみやすい飲み物だと言われています。女性だと化粧品などの小物を持ち込むことになりそうです。最近では、会社帰りに準備なしで通える加圧トレーニングのジムがあります。そのジムではトレーニングウェアやタオルをレンタル、ミネラルウォーターを用意してくれます。服装を気にせず、行きたいときに準備していなくても行けるのでおすすめのサービスです。このレンタルサービス、会員でない人も利用できるところがあります。本格的に加圧トレーニングを始める前にお試し体験ができます。ジムの雰囲気を見てインストラクターと話をし、服装の確認も同時にしておきましょう。

便利なレンタルサービスも、使い慣れたもので、サイズ的な部分で考えると自分にピッタリのトレーニングウェアのほうが落ち着くかもしれません。ジムのおすすめでいいものを取り扱っている場合もありますので参考までにレンタルしてみるといいでしょう。

まとめ

加圧トレーニングを始めるには、ベルトを巻いても動きやすい伸縮する服装にしましょう。厚手のジャージはベルトの加圧加減が把握しにくいのでおすすめしません。また、長袖は血管の状態をインストラクターが確認するのでなるべく避けるようにします。5分袖や7分袖の服装、ハーフパンツが最適と言えます。ジムに行く持ち物としては、トレーニングウェアやタオルと飲み物、女性は化粧品が多いようです。会社帰りに直接立ち寄る人に、トレーニングウェアやタオルをレンタルしてくれるところがあります。お試しで加圧トレーニングを体験してみたい人は事前にジムの雰囲気を知るきっかけになり、インストラクターへ相談できるサービスがおすすめです。