汗の匂いが気になる方は必見!汗をかかない加圧トレーニングメニュー

電車の中などで他人の体臭が気になってしまうことはよくあることだと思います。そうすると、自分の体臭はどうなのかと不安になってしまいますよね。特にトレーニング後やトレーニング中などは一回気になり出すとトレーニング自体が嫌になってしまうこともあります。今回はそんな時に役立つ情報を検証し、ご紹介していきます。原因や対処法などを確認して、実践して役立ててみてください。

 

気になる匂いの原因とは?

加圧トレーニングをしたことによって匂いが気になる時に主な原因は、汗ではないでしょうか。加圧トレーニングをしたことのある方ならわかると思いますが、始めると汗をかきやすい体になります。これは嬉しい効果ではあるのですが、一方特に夏場などは匂いが気になってしまいます。

人がかく汗には大まかに二種類あり、そのうちの一つは温熱性発汗です。温熱性発汗とは、例えばトレーニングや運動、気温の高い暑い日などに体温を下げるためにかく汗となっています。この汗の特徴は血しょう成分が薄く99%が水分なので、比較的サラサラとしている点です。サラサラとしているので、かきたては匂いはあまりしません。もちろん放置していれば汗臭くはなりますよ。一般的に「良い汗をかいた」と言われる汗はこの汗と思ってもらって良いと思います。

二つ目は精神性発汗です。緊張やストレスなどでかいてしまう汗と言えばわかりやすいかもしれません。主に手のひらや足の裏、わきの下や額などにかくことが多く、水分量が70%から80%と少なく、温熱性発汗と比べるとベタベタしているのが特徴です。タンパク質や脂質、アンモニアなどの匂いの原因となるものを含んでいて、人によっては悪臭と感じてしまう可能性があります。

ストレスや緊張だけではなく、現代人は交通機関やエアコンなどの発達で良い汗をかきにくくなっていることも問題の一つです。中には汗をかくことが嫌いという方も少なくはないのではないでしょうか。そんなライフスタイルが普及した結果、汗腺のろ過機能(再吸収)が衰えたり、休眠汗腺と言われる汗をかかない状態の人が多くなってしまっています。再吸収がうまくできないと精神性発汗のような濃度の濃いベタベタとした汗となり、匂いが発生してしまうでのす。

加圧トレーニングにおいてのあまり良くないtt匂いとは、温熱性発汗の良い汗をかいたとしてもそれを放置したことによる匂いか、精神性発汗の匂いが多いのだと思います。当然人それぞれ原因の異なる体臭がありますが、加圧トレーニングによって発生する匂いの原因は汗によるものがほとんどです。

 

匂いを防ぐ方法は?

匂いの原因は汗がほとんどですので、防ぐ方法は汗対策ですよね。トレーニングをする以上、汗をかくのは仕方がないことですし、新陳代謝が良くなった証拠でもありますので、どんどんかいてください。問題は、汗をかいた後、どうするかだと思います。一番良くないのが汗をかいた後に放置してしまうことです。例え、良い汗だったとしても放置すれば汗の匂いがでてきてしまう可能性が高くなってしまいます。

トレーニング後にトレーニングジムやスタジオに備え付けてあるシャワーを利用し、あらかじめ持参した洗濯済みの洋服に着替えるようにしてください。家に帰るだけだから面倒くさがってシャワーや着替えもせずに帰ってしまうと悪臭を放つ危険があります。もちろん、車でなど人に合わない形で帰るだけならば何の問題もありませんので、そこは状況に応じて判断してください。

トレーニング中でも汗の匂いが気になる方は、こまめにタオルで汗をふいたり、制汗スプレーなどを使って対策をしてみてください。ただし、加圧トレーニングは長時間行うトレーニングではありませんので、そこまで気にする必要はないと思います。また、他の人と共有することの多い機器の匂いが気になる場合は、トレーナーさんに相談してみましょう。ジム側がどんなに清潔にしていたとしても、いろいろな人が使う機器ですので、どうしても匂いが染み付いてしまうことがあるのは仕方のないことです。それでも相談すれば何か対応してくれるかもしれません。

もし、トレーニングウェアに汗の匂いが染み付いて、洗濯してもとれない場合は、洗濯の仕方を工夫してみるのはどうでしょうか?例えば、現在使用している洗濯洗剤が弱酸性の場合は、粉末洗剤に変えてみると良いそうです。弱酸性か中性の洗剤は匂いの原因でもある皮脂や垢、汗を落としにくい性質を持っているので、粉末洗剤に多い弱アルカリ性の洗剤をおすすめします。

それでも匂いが気になるのならば、酸素系漂白剤や重曹などで浸け置きしてみましょう。酸素系漂白剤はお湯で溶かし、30分から60分ほど衣類を浸けておくと効果があります。重曹は、1リットルの水に小さじ5杯ほどの重曹を入れ、重曹水を作り、その中に衣類を30分ほど浸けると良いそうです。

 

匂わないおすすめメニュー

先ほど、トレーニングをする以上汗をかくのは仕方がないと言いましたが、実は加圧トレーニングは通常の筋力トレーニングや運動よりも汗をかきにくいトレーニングです。あまり大量に汗をかくことはありません。人によっては、汗をかきにくい体質の方だとシャワーを浴びずに帰ってしまうほどです。なので、さまざまにあるトレーニングの中では、加圧トレーニング自体が匂いを気にせずに行えるものと言っても良いでしょう。

それでも、やはり多少は汗をかきますし、汗臭くならないと言えば嘘になります。そこで今回は、仕事の合間やトレーニング後に予定があっても安心なおすすめトレーニングメニューをご紹介します。トレーニング後にシャワーを浴びている時間がないという時に参考にしてみてください。

一番メジャーでシンプルな加圧スクワットはどうでしょうか?キングオブトレーニングとも呼ばれるスクワットは全身の筋肉の80%以上も使います。足腰を鍛えることもでき、更に体幹もしっかりとしますので、短時間で効率的に鍛えたい時にはもってこいですよね。また、加圧スクワットをすることにより、脂肪燃焼、ヒップアップ、むくみの改善、姿勢改善促進などのさまざまな効果も期待できますので、あまり汗をかかない程度に試してみてください。

部分痩せの効果のあるメニューも忙しい時間の合間などにはぴったりです。例えば、二の腕が気になるという方は腕の付け根に加圧ベルトをつけ、0.5kgから1kg程度の軽めのダンベルを使います。立った状態で軽く前かがみになり、膝を軽く曲げ、片手を椅子などの支えに置き、もう一方の腕は肘を曲げます。走る時のようなポーズをイメージしてください。それから、息を吐きながらゆっくりと腕を後方に伸ばします。これを10回から20回程度行うと二の腕の筋肉に効果的です。

まとめ

トレーニングなどで汗をかくと必要以上に体臭が気になってしまうことがあります。でも実はそんなに気にするほどの匂いを放っている人は多くはありません。トレーニング後にシャワーを浴びたり、着替えをしたり、と普通のことだけをきちんとしていればそんなに気にする必要はありません。

それでも体臭がきついなどと言われたり、どうしても気になるようでしたら、原因は他にあるかもしれませんので、他の可能性を探ってみてくださいね。