女性におすすめの加圧トレーニングとは?

加圧トレーニングというと、とてもハードなイメージを持っている方も多いことでしょう。女性がそんなトレーニングをするなんて、とても大変そうに思われるかもしれません。ところが、そうではないのです。加圧トレーニングとは、その人の状況に合わせて行うことができるうえに、短期間で大きな効果を得られるトレーニング方法なのです。むしろ筋肉をつけたい女性には、オススメのトレーニング方法なのですが、筋肉をつける以外にも魅力的な理由というのがあるのです。

 

女性の身体は筋肉が付きづらい?

女性の身体は筋肉が付きづらいと言われています。それは、ホルモンの影響によるものなのです。もともと性別分けすれば、男と違い女は子を身ごもるという大きな仕事を生まれながらに身につけています。子宮や卵巣といった子供を産む臓器を持って生まれてきているのです。そしてこの臓器は、とてもデリケートな臓器でもあります。そのため、衝撃や冷えから臓器を守ろうとして、その周辺は自然と脂肪が付きやすくなっているのです。

女性ホルモンは、こうした臓器を守ることを記憶しているので、脂肪を蓄えて丸みを帯びた体型をつくろうとするホルモンとも言えます。対して、男性ホルモンの方はというと、身体を動かして筋肉を身につけることを記憶しているホルモンと言えます。こうしたホルモンの違いによって、女性の方は男性に比べて筋肉が付きづらく、丸みのある体型になりやすいということなのです。

単なるトレーニングを行っていては、なかなか筋肉量を増やすというのは難しく、加圧トレーニングなど効果的な方法を用いなければ、負荷をかけて筋肉を身につけるには、男性よりもより時間がかかってしまうのです。

 

女性に加圧トレーニングがオススメの理由

そんな筋肉の付きづらい体質を持つ女性でも加圧トレーニングなら筋肉をつけやすく、大変オススメです。しかし、筋肉をつけやすいという理由だけではなく、もっと魅力的な理由もあります。そもそも加圧トレーニングでは、血流に圧力をかけて負荷を増やしたトレーニングを行います。これによって、脳内に刺激が行き、アドレナリンや成長ホルモンが促進されます。

成長ホルモンによって新陳代謝が活発になるため、汗をかきやすくなったり、発熱などの保温効果も上がります。すると老廃物が流れやすく、発汗によってお肌のターンオーバーも正常化され、美肌効果も上がります。さらにホルモンの影響で、疲労回復能力があがり若々しい細胞を手に入れることもできるのです。

そのうえ、加圧によるトレーニングでは、瞬発力の高い速筋としなやかで柔軟性のある遅筋の両方が来たられるのですが、遅筋を鍛えることで脂肪燃焼効果も上がります。若々しい細胞と筋力の両方を手に入れることができるうえ、ホルモンの影響で女性らしい体型も望めるという訳なのです。

 

女性にはどんなトレーニングが良いのか

とくに女性におすすめの加圧トレーニングについてご紹介しましょう。まずは、しなやかな筋肉を身につけるトレーニングです。腹筋や背筋、インナーマッスル強化にも効果的なのがプランクです。うつぶせの状態から、足のつま先と両腕で身体を持ちあげ支えるポジションで静止するフォームで行います。ひじをついた状態でも行うことができます。

このプランクは、身体を持ちあげたとき、お尻やお腹が出ないよう、身体を一直線に意識することが大切です。一定の時間保ちながら、呼吸をしっかりと行いましょう。サイドブリッジは、横向きの状態でプランク同様に腕と足先で身体を保つトレーニングで、腹斜筋からインナーマッスルを強化するのに効果的です。

またレッグレイズやバックキックは下半身と共にインナーマッスルを鍛えられます。これらは自分の身体を重りとして行うことができ、強い負荷ではないものの、インナーマッスルを刺激しやすいトレーニングですから、女性らしい体型を目指すには大変オススメのトレーニング方法と言えます。

 

まとめ

女性らしい体型を目指し、若々しい身体を保つのには筋肉は必須です。つまり、加圧トレーニングを取り入れて、定期的なトレーニングを続けることは、いつまでも魅力的であることに大変重要とも言えるのです。美しい筋肉を身につけることは、自信につながります。自信のある人は背中が魅力的といわれますが、それは鍛えられた姿勢が美しく見えるからなのです。加圧トレーニングを取り入れて、いつまでも年齢不詳の女と言われる魅力を身につけてみてはいかがでしょう。